ワイモバイルが「スマホベーシックプランM/R」を7月1日に改定。月間データ容量を使い切っても、1Mbpsで通信できるようになります。

この改定は、auの実質的な格安ブランドである「UQモバイル」の新料金「スマホプランR」に対抗するもの。UQモバイルの「スマホプランR」は、月2980円で月間データ容量が10GB、かつ容量超過後も1Mbpsで通信できるのが売りで、楽天モバイル対抗との位置づけではありますが、ワイモバイルにとっても脅威となっていました。

今回の改定では、容量超過後の通信速度だけでなく、月間データ容量もそれぞれ1GB増量。例えば「スマホベーシックプランM」の場合、月3680円で10GBまで利用できるようになります。一見するとUQモバイルの「スマホプランR」(月2980円)より割高ですが、UQモバイルと異なり10分間の国内通話無料も付随するため、実質的には同等となります。

1Mbpsというと、YouTube動画を標準画質で問題なく視聴できる速度。軽いウェブページの閲覧もストレスなく、従来の128kbps制限よりはるかに実用的です。

ワイモバイルの1Mbpsへの引き上げは、先行して打ち出したUQモバイルに追従した格好ですが、UQモバイルも楽天モバイル対抗として1Mbpsに引き上げているため、楽天モバイルの携帯商用サービスへの参入が、携帯キャリアの格安ブランドであるUQモバイルとワイモバイル間の価格競争を巻き起こしたとも言えます。