トリートメントは、髪の毛の内部に栄養を届けて髪のダメージを修復してくれます。

しかし、つけ方を間違えると髪や頭皮に負担がかかり逆効果になってしまいます。

トリートメントの間違ったつけ方

トリートメントの間違ったつけ方で代表的なものは次の2つです。

1.頭皮までつけている
2.つける量が多すぎる

トリートメントを頭皮につけてしまうと、すすぎ残しが起こって毛穴にトリートメントの成分が詰まり、フケやかゆみの原因になります。

また、トリートメント成分が頭皮で酸化して荒れてしまったり、種類によっては成分に刺激物が含まれることがあり、敏感肌の人は特に注意が必要です。

頭皮のべたつきや、髪の毛のボリュームダウンなどあらゆる髪のトラブルにも繋がってしまうので頭皮を避けてつけるようにしましょう。

そして、つけすぎも良くありません。
すすぎ残しが増え、より頭皮が詰まりやすくなり、べたつきやトラブルもひどくなります。

トリートメントを正しくつけることで、頭皮や髪の毛を健やかに保ち、トリートメント本来の効果を最大限発揮できるようになります。ここからは、正しいトリートメントの流れをご紹介します。

トリートメントの正しい流れ

“韻凌綉い鬚る

髪の毛に水分が多く残っていると、トリートメントが薄まったり流れて本来の効果が発揮できなくなります。

また、シャンプーのすすぎ残しがあった場合も、トリートメントの成分の浸透が悪くなり効果が半減してしまいます。

しっかりすすぎを行い、適度に水気をきってからつけましょう。▲汽ランボ大1〜2を髪の毛の中間から毛先につける

髪の長さに合わせて適切な量のトリートメントを、痛みやすい髪の毛の中間から毛先にしっかりなじませます。

まず、毛先につけて揉み込み、残ったものを中間につけるイメージです。

トリートメントをつける前に、くしで髪をほどき、髪の毛1本1本に成分がいきわたるようにしておくと良いでしょう。E度にすすぐ(べたつきが残らない程度)

トリートメントをしっかり洗い落とす必要はありません。トリートメント成分を全部取ってしまうと、髪がきしんでしまいます。

べたつきや気持ち悪さがなくなるくらいですすぎを終わらせましょう。

あなたは正しくトリートメント出来ていましたか?

是非この記事を参考にしていただき、健やかな頭皮環境と美髪を手に入れてくださいね。