東京都小池百合子知事は2020年5月29日の会見で、新型コロナウイルスの感染リスク下で生きるためのキャッチフレーズ「ウィズ コロナ宣言」(サブタイトル:〜「新しい日常」 コロナとともに生きていく〜)を発表した。

ツイッター上では「ウイルスをバディみたいに言うのやめて」など、そのネーミングセンスを疑う声がある一方で、「H Jungle with tみたい」「小池知事の新曲だ」と、音楽的要素を見いだす人もいた。

全角スペースに「イラつく」

小池知事は29日の定例記者会見で、緊急事態宣言が解除された東京都での暮らし方について説明。引き続き新型コロナウイルスの感染リスクが存在する中で、都民に対し手洗い・マスクの着用、ソーシャルディスタンスの確保など「新しい日常」を送ることを求めた。

そのキャッチフレーズとして発表したのが、「ウィズ コロナ宣言」(サブタイトル:〜「新しい日常」 コロナとともに生きていく〜)だった。

小池知事は「コロナとともに生きていく、そして新しい日常をしっかりとみんなで作っていく。ワクチンやお薬など研究開発を進めていただく、検査・医療体制をしっかり組んでいく。様々なことのベースにしてウィズコロナという考え方は避けられない現実として、私達が共通認識として持っていく必要がある」とネーミングの理由を語った。

新型コロナウイルスの感染リスクを念頭に置いた社会を指す「ウィズコロナ」という言葉は、コロナ収束後の社会を表す「アフターコロナ」と合わせ、これまで一部メディアなどでは用いられてきた。しかし、こうした事例を知らない人も多いとみられ、ツイッター上では「ウイルスをバディみたいに言うのやめて」「いちいち英語にしなきゃいけないの?」と、そのネーミングセンスを疑問視する声が目立っている。中には「ウィズ コロナ宣言」と全角スペースが打たれていることに「モヤモヤする」「イラつく」といった指摘もあった。

「音楽的要素」見いだす人も

また、メインタイトルに含まれる「ウィズ」とサブタイトルから、かつてお笑いコンビ・ダウンタウンの浜田雅功さんと音楽プロデューサーの小室哲哉さんが組んでいたユニット「H Jungle with t」のヒット曲「WOW WAR TONIGHT 〜時には起こせよムーヴメント〜」(95年)を連想したという声もあった。

さらに、小池知事といえば「密です」「STAY HOME週間」などのセリフやコピーを生み出しては、その度にインターネットユーザーからいじられてきたことでも知られる。1カ月ほど前には、4月25日〜5月6日の「STAY HOME週間」で、小池知事の「ソーシャルディスタンス」「密です!」「STAY HOME,SAVE LIVES」といった発言を楽曲タイトルに見立てた架空のセットリスト、といった投稿も話題になった。

そうした背景があるだけに、ツイッター上では今回の「ウィズ コロナ宣言」発表を受けて「また新曲出したんだって?」と反応するユーザーが続出。「今回はバラードらしいな」「作詞 秋元康 作曲 前山田健一」と、勝手に曲の中身まで想像する人もいた。