【AFP=時事】オランダのミンク養殖場で従業員らがミンクから新型コロナウイルスに感染したとみられる事例について、世界保健機関(WHO)は26日、動物からヒトへの新型ウイルス感染として知られる初事例である可能性を指摘した。

 WHOはAFPのメール取材に対し、新型ウイルスがミンクからヒトに感染したとみられる3件の事例を調査しているオランダの研究員らと緊密にやりとりしていたことを明かした。

 WHOは「動物からヒトへの感染として知られている初めての事例だろう」としながらも、「動物やペットが新型ウイルスを広める可能性について、現在もさらなる情報を収集し調査している」と述べた。

 オランダのカローラ・スハウテン(Carola Schouten)農業・自然・食品品質相は25日、ミンク養殖場で2人目の従業員が感染したとみられると発表した。ただし感染の拡大リスクは最小限にとどまっていると同相は強調した。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
ミンクからコロナ感染か、オランダの農場従業員
新型コロナ、犬への感染確認 香港患者のペット
「動物由来感染症」、拡大の原因は人的活動 新型コロナ