「2月半ばにクランクインしましたが、コロナの影響で4月からは撮影がストップ。今は6月からの撮影再開に向けて準備を進めているところです」(テレビ局関係者)

4月から放送予定だったSexy Zoneの中島健人(26)とKing&Princeの平野紫耀(23)がW主演を務めるドラマ『未満警察 ミッドナイトランナー』(日本テレビ系)。頭脳派(中島)と肉体派(平野)という、対照的な個性をもつ警察学校の生徒2人がバディを組み、難事件を解決していくストーリーだ。

ドラマ初共演の2人だが、「中島さんと平野さんの仲のよさのおかげか、現場の雰囲気はすごくよかったんです」とは制作スタッフの言。平野自身も雑誌の取材で、次のように中島との息ぴったりぶりを喜んでいた。

《最初の本読みの時点で2人のかけ合いがリズミカルに進んで、感動しましたもんね》(『non-no』6月号)

しかし良好な現場の雰囲気もむなしく、残念ながらほかの多くのドラマ同様、コロナ禍で、放送スタートすらできていない現状。

「撮影休止当初はGWが明けたら撮影を再開できるのではという話もあったんですが、5月4日に緊急事態宣言の延長が決まったことで再開の見通しは再び見えづらくなりました」(前出・制作スタッフ)

そんな先行き不安な5月上旬。平野は中島と連名で、ドラマ関係者たちにメールを送っている。

「このメールがチームの皆様全員に届くことを願っております」という一文から始まり、撮影中止の英断を下した関係者への感謝など、前向きな言葉が並ぶそのメール。読んだスタッフの一人が“感動”を話してくれた。

「いつ宣言が解かれるのか、いつ撮影が再開するのか、まったくわからない状況。スタッフもキャストも複雑な思いで、それぞれの時間を過ごしていましたからね。ドラマが始まれば、きっとたくさんの人の“元気の源になる”という力強いメッセージには勇気づけられましたね。撮影が再開したら、若い座長2人が引っ張っていってくれるという安心感も生まれました」(前出・制作スタッフ)

ちなみに、メールに「カイくんとジロちゃんの交換日記はちゃんと続いております。笑」とあるが……。

「役づくりにつながればという思いで2人が始めたものです。彼らが演じる警察学校の生徒は寮生活でプライベートもずっと一緒なので、その関係性に近づくために、中島さんが発案したものだと聞いています。撮影があったときは現場で渡し合いをしていましたが、最近は撮影ができず会えていないので、メールで連絡を取り合っているそうですよ」(ドラマ関係者)

会えない時間にも仲を深めている様子の2人だが、ジャニーズ事務所への入所時期でいうと平野が4年後輩。そもそも平野がJr.として最初にステージに立ったのが、’12年のSexy Zoneのデビューコンサートだったという。

「ジャニーさんが目をかけていたこともあり、平野さんは、ジャニーズ入りしてからすぐに先輩のコンサートに出ることになったそう。しかも、『とっておきのJr.見つけたからユーがみんなに紹介してよ』と中島さんが頼まれたとか。

でもいざ本番中に紹介をしようとすると、平野さんの姿が見えない。楽屋にいたそうです(笑)。怒りたかったけどジャニーさんから紹介されたエリートだったから怒れなかったと言っていました」(別のテレビ局関係者)

出会いから8年がたち、中島は、平野の見方が変わったようだ。雑誌で平野についてこんなふうに話している。

《現場での気配りがすごく上手だと思った。紫耀はやっぱり座長って立場を経験してきてるからなんだと思う。現場での居方を見ていて、ちゃんとしてるな…なるほどね、と感心する》(『ザテレビジョン』4月17日号)

先輩の中島ですら尊敬の念を抱く平野の“気配り”ぶりが、今回のメール送信に至った一因なのかもしれない。

この2人の“バディ”を、私たちはいつから見ることができるのだろうか。

「現在の状況下だと、6月末に放送がスタートできそうです。その場合、9月上〜中旬まで放送が延びることになるのではないかと思います」(前出・テレビ局関係者)

試練がタッグを、より強固なものにしているに違いない――。

「女性自身」2020年6月9日号 掲載