ブラジルのボタフォゴに所属する元日本代表MF本田圭佑は、「誹謗中傷」に関するさらなるツイートを24日にも投稿している。

 本田は23日に、「誹謗中傷をする人へ」と題したツイートを投稿し、「弱い人を狙うな」「強い人を狙うこと」「俺んところに来い」とコメント。女子プロレス選手の木村花さんが23日に亡くなったことに関連するメッセージだったとみられる。

 そのツイートに大きな反応が集まったことを受け、本田は同じテーマについてさらに考えを述べた。「んーネットでの誹謗中傷が犯罪という認識はなかったなー。多分イタリアのサッカースタジアムで試合に負けた日には誹謗中傷が日常やったからかな」と、セリエAのミランでプレーしていた日々を振り返った。

「解決方法の意見は分かれると思ってて、ただいずれの方法も簡単なことじゃない中で、僕は誹謗中傷をする人を受け入れることで解決できる日を夢みてます」と本田は続けている。

text by 編集部