CNNインドネシアが、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長の健康不安説を報道する際、俳優のヒョンビンの写真を使用するというハプニングが起きた。

【関連】脱北者も認めた『愛の不時着』北朝鮮描写のリアル

現地のメディアによると、CNNインドネシアは4月21日、金正恩委員長が心血管疾患の手術後に危険な状態というニュースを報じながら、韓国ドラマ『愛の不時着』北朝鮮将校を演じたヒョンビンの写真を使用したという。

ニュースの背景映像の左側には金正恩委員長の写真が、右側には北朝鮮軍服を着たヒョンビンの写真が使われた。

ヒョンビンは今年2月に終了したtvNドラマ『愛の不時着』で北朝鮮将校リ・ジョンヒョク役を務めた。韓流の人気が熱いインドネシアでも『愛の不時着』大人気を博している。

ニュースが放送されたあと、インドネシアのネット民らはCNNの画面をネット上にシェアし「なぜリ・ジョンヒョク大尉がそこで出てくるの?」と喜んだ。韓国のネット民も「本当に笑える」「ドラマに没入しすぎ」などとコメントを寄せた。

そのことを認識したCNNインドネシアは、「該当のニュースは金正恩委員長に関するイシューで、韓国ドラマの中のキャラクターとは無関係だ。故意ではなく、ミスだった。お詫びする」と明らかにした。

ドラマ『愛の不時着』は、最終回の視聴率が21.6%を記録し、tvNドラマの中で視聴率1位を占めている。

(写真=Twitter)