【AFP=時事】タイ当局は1日、同国の列車内で遺体で発見された男性(57)が、新型コロナウイルス検査で陽性反応を示したと明らかにした。タイでは新型ウイルスによる死者数が1週間前の3倍以上の13人になった。

 死亡した男性はパキスタンから戻ったばかりで、首都バンコクから列車で南部ナラティワート(Narathiwat)県に向かっていた。タイ国鉄(State Railway of Thailand)によると、先月30日、乗車前に「せきをし、吐いている」ところが目撃されていた。

 遺体は列車内の洗面所前で見つかった。その後、残る乗客らの退避後、その車両だけが切り離され、防護服を着用した作業員らによって消毒が行われた。

 死後検査の結果は、新型コロナウイルスへの感染を示していた。同じ車両に乗っていた乗客15人の氏名は追跡調査のため当局に伝えられた。

 死亡した男性がいつタイに入ったのかは分かっていない。男性は、パキスタンの医師が先月26日に発行した「新型コロナウイルスに感染しておらず、航空機に搭乗して差し支えない」という健康証明書を所持していた。

 タイでは先月26日に非常事態宣言が出され、その後外交官とタイ人以外は入国が禁止されている。タイ入国の際には健康証明書が必要とされ、14日間の自主隔離が義務付けられている。

 タイの新型コロナウイルス感染者数は今週に入り1700人を突破。1週間で60%以上増えた。死者は1週間で3倍以上に増え、13人となっている。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
生後6週間の乳児が死亡 米のコロナ流行、感染者20万人超に
中国の武漢封鎖、70万人の感染防いだ可能性 論文が指摘
コロナ死者、1週間で2倍超に WHO、パンデミックの「急速な拡大」懸念