いよいよPS5のスペックが明らかになりました。詳細は以下から。

PS5の大きなアドバンテージとなるSSD。

HDDを搭載したPS4では、ディスクメディアという仕様上どうしても読み込み速度が遅く、ばらつきもありました。




しかしPS5のSSDは、1秒間に5GBデータを読み込めます。

16GBのGDDR6メモリを搭載。

足回りの性能が向上したことで、ゲームを最大100倍高速に処理することができるようになります。

カスタムフラッシュコントローラーと12チャンネルのインターフェースにより、毎秒5.5GBのデータ処理が可能です。


CPU、GPU統合のカスタムチップとカスタムフラッシュコントローラー採用のSSD、そして超高速な16GBのGDDR6メモリで構成されたPS5。

外付けHDDでの拡張性を担保しています。

最大7.0GB/sのPCIE 4.0をサポート

「RDNA 2」ベースのAMD製GPUが採用されます。

PS3ではPS2との互換性を維持するために、無理矢理チップセットを搭載する必要がありましたが……

PS5ではかなり自然にPS4との後方互換を実現できる見通しです。

4.6テラフロップス

CPUは最大3.5GHz、GPUは最大2.23GHzで動作。

視聴環境に応じた臨場感あるバーチャルサラウンドを実現します。

発表内容をまとめるとこんな感じになります。
・RDNA 2ベースのAMD製GPUを使ったカスタムチップ搭載
・16GBのGDDR6メモリ
・アクセス速度毎秒5GBのSSD
・PS4との後方互換あり
・視聴環境に応じたバーチャルサラウンドを実現
PlayStation.Blog - Official PlayStation Blog for news and video updates on PS4, PS3, PSN, PS Vita, PSP

コメントを見る

【ソニーがPS5のスペック詳細発表、PS4との後方互換も】を全て見る