【AFP=時事】フランス・パリ北郊のピエールフィットシュルセーヌ(Pierrefitte-sur-Seine)にあるバーで、「女性の気を引こうとして」拳銃でロシアンルーレットに興じた店主(47)が死亡した。捜査筋が27日、明らかにした。

 この店主は、女性の目の前で「回転式拳銃357マグナム(357 Magnum)に弾を1発だけ込め、弾倉を回し、引き金を引いた1発目で死亡した」という。

 女性は捜査当局に対し、店主は酒を飲んでいて、コカインも吸引していたと述べている。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
拳銃隠したオーブン、友人が知らずに点火 男性重傷 米オハイオ州
猟犬の「銃誤射」でハンター負傷、仏
米警官、タンポポ摘んでいた87歳女性をテーザー銃で制圧