今回の新型肺炎で武漢滞在の邦人救出という重大ミッションを背負い羽田を飛び立ったのは、政府がチャーターした全日空(ANA)機。

「ANAにチャーター便の依頼をしたのは、もともと武漢に定期便を就航していたから。ただ飛ばすだけならばどの会社でも可能だが、現地当局との折衝や乗客の案内を担う地上職員なども必要になる」(外務省関係者)

 パイロットや客室乗務員(CA)など運航に必要な人員は特別に募ったわけではなく、通常業務として割り当てられたが、ANA関係者によれば「拒否する社員はひとりもいなかった」という。

 1月29日の第1便の時点では、ウイルスに関する情報も十分とは言えなかった。そうしたなか、クルーはリスクのある乗務にどう臨んだのか。

「パイロット以外ではCAが1便に6人乗務した。当初は通常の制服にマスクと手袋だけでしたが、無症状でもウイルス感染者がいることが判明した3便目以降は防護服、ゴーグル着用になった。武漢空港で邦人を乗せる前に防護服を着た後はトイレにも行けない。スカートでは着用できないので下は私服だったそうです」(前出の外務省関係者)

 武漢から羽田までは約3時間半のフライトだが、機内サービスも通常通りとはいかない。

「手渡しの機内サービスはなく、調理パンやクラッカー、水などを袋詰めしたものを用意して搭乗時に乗客が取るかたちでした。CAさんは、あくまで保安要員として乗務していました」(厚労省関係者)

 チャーター便ごとにクルーは総入れ替え。帰還後は2週間の自宅待機期間が設けられたという。平子裕志社長は1月31日の会見で、クルーとメールでやり取りしたことを明かし、「感謝している」と語った。

 政府チャーター便はまだ続く見込みで、「数名の同社駐在員は今も武漢にとどまっている」(前出のANA関係者)という。

※週刊ポスト2020年2月28日・3月6日号