京都で雪景色 古都を白く染める雪

2020/02/09 10:43 ウェザーニュース

今日9日(日)は、西高東低の気圧配置と上空の強い寒気の影響で日本海側を中心に雪が降っています。一部の雪雲は近畿エリアにも流れ込み京都府や滋賀県、三重県でも本格的な雪となっています。京都の名所では、雪化粧をして表情を変えた姿が楽しめているようです。

雪景色鑑賞は今日のうちに

6日(木)にも京都で雪が降り、うっすらと積もりましたが、今日はさらに濃い雪化粧となっています。雪化粧をした寺社は奥ゆかしく厳粛な佇まいとなっていて、凛と冷たい空気で身も心も引き締まりそうです。京都府周辺では昼頃まで雪が降りやすい状態が続きます。積雪の増加に注意してください。午後は雪が止む時間帯が長くなりますが、足元には要注意です。明日は降ってもにわか雪程度の予想となっているため、雪景色を楽しむなら今日のうちが良さそうです。

参考資料など

写真:ウェザーリポート(ウェザーニュースアプリからの投稿)