「全豪オープン」(オーストラリア・メルボルン/1月20日〜男子2月2日・女子1日/ハードコート)大会10日目。男子シングルス準々決勝で、第1シードのラファエル・ナダル(スペイン)が第5シードのドミニク・ティーム(オーストリア)と対戦。ナダルは6(3)-7、6(4)-7、6-4、6(7)‐7で敗れ、ベスト4進出はならなかった。

第4セットはナダルのサービスゲームからスタート。第3セットを奪い、セットカウント1-2としたナダルは、第2ゲームで15-40といきなりのチャンスを作る。しかし、ティームにしのがれてしまい、ブレークすることができない。


逆に第3ゲームで30-40とされると、ナダルはこれをしのぐことができずにブレークを喫する。ここから両者キープが続いていく。ナダルはなんとかブレークしたいところだが、ティームのサービスゲームでなかなかポイントを奪うことができない。


第7ゲームではティームに0-30とされたが、ここはブレークポイントを与えることなくキープ。リードをこれ以上広げられないようにした。


そしてティームのサービング・フォー・ザ・マッチとなった第10ゲーム。ここで執念を見せたナダルはブレークバックに成功。


その後お互いにキープし、この試合3度目のタイブレークへ。ティームのマッチポイントでナダルはラリーを止め、チャレンジシステムでポイントを覆す勇気を見せる。これには成功したものの、3度目のタイブレークも取り切れず、準々決勝敗退となった。


勝利したティームは、準決勝で第7シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)と対戦する。ズベレフはスタン・ワウリンカ(スイス)を破っての勝ち上がり。


テニスデイリー編集部)


※写真は「全豪オープン」でのナダル
(Photo by Cameron Spencer/Getty Images)