「キューーーーーッ!」。

叫び声を上げながら、1頭の豚が奈落の底へと落ちて行った。中国・重慶市のテーマパークでオープンした新アトラクション「バンジー・タワー」の開業祝いで、豚がバンジー用のゴムひもにくくり付けられ、約70メートル下に放り投げられたのだ。

同動画に対し、ネット上では多くの非難の声が寄せられている。

「動物虐待だぞ!」、「どーゆー神経してんだよ」の声が続々...

同映像は2020年1月18日に撮影されたようで、日本国内でもフジテレビ系列では22日朝の「めざましテレビ」、TBS系列では23日夕方の「Nスタ」など、テレビでも複数の番組が報じている。各報道の情報を総合すると、豚は両足を縛られた状態で長い棒にくくり付けられており、係員と思われる男性2人によって、「籠」を運ぶような格好でジャンプ台へと連れて行かれた。

豚は、体に巻かれた縄に金具を取り付けられ、さらにその金具とバンジー用のゴムを固定された。そのまま...。冒頭の悲痛な鳴き声とともに、突き落とされたのだ。

この正気の沙汰とは思えないパフォーマンスに、ネット上でも批判の声が相次いだ。

「まぁーた朝から胸糞悪いニュースかバンジーとぶなら豚ではなく人間が飛べよ! 動物虐待だぞ!」
「豚をバンジーさせるなんてどーゆー神経してんだよ バチあたるぞ。悲鳴あげてる豚の映像見てらんない」
「中国って、何でもありなん? 豚さんをバンジージャンプさせて喜んでるテーマパーク!? どれほど怖かったろう」
「豚ではなくオーナーが飛べば良かった」
「どう育てば他者の恐怖を笑える人間になるのか、そもそも何故そんな企画を思い付くのか」

日本では「亥年」だが中国では...

だが、圧倒的に非難が集中する一方で、

「動物なら問題視ものになる一方、これがお笑い芸人だったら問題にすらされなかった可能性もあるだろうなぁ...」

といった声も散見される。

一部報道によると、主催者側は「1月の春節(旧正月)を前に、昨年の干支である豚を飛ばして、新しい子年(ねどし)を迎えるという意味で行った」のだという。

ちなみに日本の「十二支」で、一番最後の干支は「亥(いのしし)」だが、中国では「豚」であることは知られている。春節では豚の丸焼きなどを食すなど、縁起物として考えられている。しかし、両足を縛られてなすすべもなく、悲鳴を上げながら宙を舞う豚を見て喜んでいるようでは、その常識を疑わざるを得ないと考える人は多いようだ。

なお、22日の「めざましテレビ」によると、主催者側は19日、「今回のアイデアは浅はかだった。今後は類似のイベントをすることはない」と謝罪したという。