近頃、ひどく乾燥してきている。気のせいでは済まされない。

しかし、乾燥肌や敏感肌向けの乾燥対策があれば、冬のこの時期を強気で乗り切ることができるのだ。

乾燥肌・敏感肌用のボディクリーム


[caption id="attachment_590112" align="alignnone" width="1184"] Vaceline「エクストリームリー ドライスキンケア ボディクリーム」908円(税込)[/caption]

ヴァセリンの「エクストリームリー ドライスキンケア ボディクリーム」。

超乾燥肌・敏感肌向けに作られたリッチなボディクリームは大人から赤ちゃんの肌にまで使えるという、乾燥を断固許さぬ強く頼もしいケアアイテムです。

ヴァセリン=保湿のイメージはあったけれど、ボディクリームまで展開されていたとは……。

濃厚、だけど軽やかな塗り心地


つるっとしたテクスチャーのクリームは、さながらきめ細かなホイップクリームのような塗り心地。

肌に塗り込むとすーっと伸び、しっとりしつつもベタつかず落ち着きます。

保湿だけでなく、お風呂上がりのマッサージクリームにもオススメです!

白フタもあるよ


[caption id="attachment_589691" align="alignnone" width="1184"] Vaceline「ディープモイスチャー アドバンスドリペア ボディクリーム」1,140円(税込)[/caption]

ヴァセリンから出ている他商品、白いフタのパッケージ「ディープモイスチャー アドバンスドリペア ボディクリーム」。

これにさらに美容保湿成分を配合した進化版が、青いフタのパッケージ「エクストリームリー ドライスキンケア ボディクリーム」。

呪文のような商品名がおぼろげでうっかり間違えること、多々。今回もまた間違えた。

青いフタが目印です!

せっかくなので比べてみる


せっかく間違えたので、中身を比較してみました。

白フタの「ディープモイスチャー アドバンスドリペア ボディクリーム」は、クロテッドクリームのようなテクスチャーで、細かな泡を含んだエアリーな塗り心地が特徴です。

香りや使用感はほぼ同じように感じますが、保湿成分が増えている分、青フタの方が超乾燥肌向けといった印象です。

どちらも大容量かつ1000円前後と良コスパながら、冬でも夏のような艶やかでハリのある肌に仕上げてくれますよ!

あわせて読みたい:
[blogcard url="https://www.roomie.jp/2020/01/588708/"]
[blogcard url="https://www.roomie.jp/2020/01/588392/"]