実際のシーンを動画で投稿…「ネット壊しちゃった」と反応

 テニスの4大大会・全豪オープンは20日、女子シングルス1回戦で世界ランク3位・大坂なおみ(日清食品)が同59位マリエ・ブズコバ(チェコ)を6-2、6-4で破り2回戦進出。連覇へ好発進を決めた。第2セットでは大坂が強烈なサーブでネットを“破壊”する場面もあり、海外ファンから驚きの声が上がっていたが、自身もこのシーンに言及。ツイッターに実際のシーンの動画を投稿し、「ネット壊しちゃった」と茶目っ気たっぷりにつづっている。

 驚きのシーンは第2セットだった。ゲームポイント0-1での第2ゲームの途中。大坂の強烈なサーブがネットを直撃した。あまりの衝撃にネットのつなぎ目の部分が外れるハプニングが発生した。

 両サイドから慌てて駆け寄ってきた係員が応急処置を施し、試合が2、3分中断。大坂が思わず「Sorry」とこぼす、まさかの事態だったが、その後も強烈なサーブを打ち続け、80分でブズコバを撃破した。

 大会公式も注目した珍シーンだったが、大坂自身も言及。実際の動画をツイッターに投稿。「今日ネット壊しちゃった」と絵文字付きで茶目っ気たっぷりにつづると、海外のファンからも驚きの反響が相次いでいた。

「あなたは野獣だよ!」
「ザ・パワー」
「今までのどの大会でも見たことがない」
「弁償した?」
「記録を破るし、ネットも破る」
「人はそれを“ブレイク”ポイントと言う」

 動画ではネット視点で大坂のサーブも体感でき、強烈なスピードがよくわかる。2回戦では世界ランク42位のジェン・サイサイ(中国)と激突。アジア人対決で再び貫録を見せたいところだ。(THE ANSWER編集部)