動画でスポンサーを募り、収益について「私のお小遣いにもなります」と発言して炎上したユーチューバーの「現役看護師ゆり」のチャンネルが、釈明動画をアップしたものの、再び物議を醸している。

 「ゆり」は今月7日にアップした「ゆりchをスポンサー支援して下さる方を募集中です!」という動画の中で、「チャンネルの規模を大きくして、いろんなことにチャレンジ、挑戦していきたい」としてスポンサーを募集。スポンサー料は1口最低19,800円と高額で、「ゆり」は「私のお小遣いにもなりますので、モチベーションにはなるかな」と明かし、「露骨」といった批判や、ユーチューブの規約違反に反するのではとの指摘も集まっていた。

 その後、新たな動画をアップしたものの、バッシングが集まる状態となっていたが、15日になり「今までみなさんにハッキリと言ってなかったことを伝えます」という動画をアップ。動画にはゆりは出演せず、画面に流れるテキストを機械音声が読み上げる形となっていた。動画を出したのは「現役看護師ゆりユーチューブ運営チーム」だといい、運営しているのは、ゆり個人ではなく法人で、ゆりは出演を担当しているものの、業務委託契約・雇用契約などは交わしていないため、ボランティアのような形で撮影しているという。

 また、チャンネルを運営している理由は「日本の医療レベルは欧米等先進各国と比較した場合に、問題のある分野も多くあると我々は考えています(中略)こういった問題に警鐘を鳴らし、日本の医療の改善を目指す」とのこと。このチャンネルでは医療分野のほかに、「ひとりすき焼きしながら最近の事を話します」「AAAのライブに行ってきました!途中でやらかしてしまいました」という動画もアップしているが、医療情報のみの動画は視聴数が伸びにくく、編集や研究者によるリサーチの経費が確保できないため、医療情報以外の動画を配信したり、今後の赤字を防ぐためにスポンサーを募集したと説明していた。

 ゆりの「お小遣い」発言も「台本」だったとのことだが、この動画にもコメント欄には、「普通失態犯したら本人や関係者が顔出しで謝罪するものだけど、法人名すら出さないってどういうこと?」「台本って…じゃあこれまでゆりさんが言ってると思ってたこともすべて運営側のシナリオだったんですね」「理念だけは立派だけど、正体も分からない会社が運営してるチャンネルに誰もお金出しませんよ」という苦言が集まってしまっていた。

 この動画をきっかけに、これまでのファンからも「チャンネル登録を解除する」という宣言も多く寄せられてしまった。果たして、今度はどのような動画をアップするのだろうか――。

記事内の引用について
現役看護師ゆり公式ユーチューブチャンネルより
https://www.youtube.com/channel/UCg9f4Srqjh8Z9ELpCOFcjVg