小5から飲酒経験のある19歳少年がスナック客を撲殺 法廷では父に「親失格」

ざっくり言うと

  • 2019年6月、大阪・西成区のスナックで客同士が揉め、69歳の男性が死亡した
  • 逮捕されたのは19歳の少年で、小5から飲酒習慣があったという
  • 周囲が強く注意せず、法廷では遺族が少年の父親に「親失格だ!」と叫んだ
提供社の都合により、削除されました。概要のみ掲載しております。