同棲はウキウキ気分で始まりますが、同棲をするということは今まで隠していた家での自分をさらけ出すということ! 最初は隠し通せるかもしれませんがだんだん面倒になってきますし、同棲を機にオープンにしていきたいですよね。
そこで今回は、同棲をするにあたって気をつけるべきポイントをまとめてみました!

ご飯作りは張り切り過ぎない

家庭的なところを見せたくて最初は手の込んだ料理を作る方が多いですが、だんだんと作ることさえだるいと思うようになるのが同棲の怖いところ。
最初からクオリティーの高い料理を作ると、それを維持しようとして疲れてしまいます。彼から「今日は品数が少ないね」と言われると、さらに作る意欲を失うことも。
それならば普段はそこそこのクオリティーの料理を提供し、手抜きをしても気づかれないようにするほうが良いのかもしれません。

家事は必ず分担すること

家事は女性だけがやるものではありません。共働きカップルなら、平等に手分けするべきです。一人じゃできないということはありませんが、自分ばかり負担が大きいといずれ不満を感じるようになります。
そうならないために、家事の分担を最初のうちに決めておきましょう。これはお互いが気持ちよく過ごすための大切なポイントです。

彼のことを叱らない

服を脱ぎっぱなし、電気をつけっぱなしなど、同棲をしていると細かいことが気になってくるものです。毎日何かしらの問題が発生すると、そのたびにイライラが蓄積しますよね。
しかし、「ちゃんと電気消してよ!」と不満をぶつけるような言い方はあまり好ましくありません。母親のようなポジションになり、可愛い彼女だと思われなくなる可能性があるからです。
こんなときは彼を叱るのではなく、「お願いがあるんだけど」と伝えてみてください。彼も受け入れる姿勢を見せてくれるはずです。

ご飯はなるべく一緒に食べる

毎日じゃなくても、時間が合うときはご飯を一緒に食べるようにしましょう。平日は顔を合わせるのが朝と夜だけですし、一緒に住むと同棲前より会話をしなくなるカップルが多いです。
ご飯を一緒に食べることには会話を増やす目的があるので、お互いに今日あったことや仕事の愚痴などを話すようにしましょう。コミュニケーションは良い関係を維持するために欠かせないことです。

まとめ

どうせなら「一緒に住めてよかった」と思ってもらえる同棲生活にしたいですよね。同棲とは結婚の予行練習のようなものです。毎日一緒にいるわけですから変に気合いを入れ過ぎず、楽に過ごせるような空間作りをしてみてくださいね。