今回紹介するのは、よねやんさんが投稿した『ポケベルのような何かを作る』という動画です。

投稿者メッセージ(動画説明文より)

ポケベルのような何かを作りました。電話番号からTwitterに投稿できます。

ポケベルのような何かを作る

 ポケットベル(ポケベル)のような仕組みが自作されました。電話をかけ「*2*2(コメニコメニ)……」とメッセージをポケベル方式で入力すると、Twitterにそのメッセージが投稿されます。

 2019年9月30日、国内でのポケベルサービスが終了しました。悲しみのなか、動画投稿者は「似たようなものを作ろう」と思い立ちます。ポケットベルは変換表に従って、文字を数字に置き換えて電話機から入力します(たとえば、「あ」は「11」など)。そのため、メールでは送信先のアドレスを指定するだけでも大変です。そこでTwitterに投稿できる仕組みを作ることにしました。

 SMARTalkなどを使って実現します。050IP電話(SMARTalk)で受けた電話をサーバーで処理し、Twitterに投稿します。

 さっそく使ってみましょう。公衆電話にテレホンカードを入れます。指定された電話番号に電話をかけ、「*2*2(コメニコメニ)」と入力。続けてポケベル方式で文字を入力します。動画では「443345(テスト)」とボタンを押しています。最後に「##」を入力して終了です。

 Twitterを確認すると、「てすと」と投稿されています。

 素晴らしい技術力ですね。当時、ポケベル変換表がなくても打ち込めるほど使っていた人は、ちょっと試しに使ってみたくなるのではないでしょうか。Twitterの都合で投稿に失敗することもあるそうですが、筆者が試しに打ち込んでみたところ本当に投稿されました。すごいです。

視聴者コメント

ちょっと面白い

文/高橋ホイコ