TOKYO FMの生放送番組「鈴木おさむと小森隼の相談フライデー」。放送作家の鈴木おさむと小森隼(GENERATIONS from EXILE TRIBE)が“相談員”となり、リスナーの人生相談にコンサルしていきます。12月6日(金)の放送は、小森に代わり、「Skyrocket Company」の秘書でおなじみの浜崎美保さんが相談員として登場。ゲスト相談員には、Netflixのドラマ「全裸監督」のモデルとなった村西とおる監督をお迎えし、本作のエピソードを伺いました。


(左から)鈴木おさむ、村西とおる監督、浜崎美保


◆「全裸監督」ヒットの理由は?
鈴木:ドラマ化の話が舞い込んだのは、いつごろだったんですか?

村西:2年半くらい前ですね。Netflixが日本で本格的に活動したいと。ヤクザ映画とか、壁ドン、ハイスクールものなど、なかなか視聴率が上がらないなか、「何か良いキラーコンテンツはないのか?」とお探しになっていて。

鈴木:はい。

村西:でも、「何にもないことはないだろ」「いや、何にもない」という押し問答がアメリカの本社と日本のNetflixでございましてね。某テレビ局のプロデューサーをなさっている方がアドバイザーとして入っていて、「日本にこんな恥知らずがいますよ」と私の自伝を紹介したんです。そしたら、アメリカのほうが「キラーコンテンツがいるじゃないか」と。

鈴木&浜崎:(笑)。

村西:要するにアメリカ側にとってみれば、異端とかタブーという世界こそ、初めて紹介してお金を取って見せられると。日本にはキラーコンテンツがアニメーションくらいしかなかったですから。

鈴木:へぇ〜。

村西:私は、「主人公は福山雅治さんがいいんじゃないですか」と言ったら、うちの社長が「お前は馬鹿か」と。「天童よしみさんが自伝をやるのに、北川景子さんと言うか?」とお叱りを受けまして(苦笑)。

鈴木:ハハハハハ!

村西:いろいろ候補があるんだけど、山田孝之さんがぜひおやりになりたいと。それで山田孝之さんとお会いして、「こういう作品に出たら、あなたはコマーシャルのお仕事とかできませんよ」と言ったら、「いや、関係ない。私はCMタレントではありません。ですからこの仕事をぜひやりたい!」と。彼が演じて非常にファンタスティックな作品に仕上がって、190ヵ国、28の言語で紹介していただいて、大変好評を博しています。

鈴木:海外ですごいらしいですね! それにしても370年の懲役を求刑されたり、50億円の借金を背負ったり……ドラマではまだ途中ですけど、監督はこのあともすごいですから。

村西:アメリカで370年の懲役ということは……3回くらい死なないと日本に帰れないわけですよ。だから死刑囚のほうがマシだと思ったこともありました。

鈴木:これだけヒットした理由って、ご自身でわかりますか?

村西:やっぱり“タブーの世界で生きている日本人がいたのか”というおもしろさですかね。あと、日本に対するエロティシズムへの注目もあったんだと思います。

◆山田孝之じゃなければ「全裸監督」はできなかった
鈴木:「全裸監督」のポスターで、パンツ一丁でカメラを構えているビジュアルがありましたけど、ただふざけているわけじゃなくて、“カッコ良さ”“インパクト”“エロさ”の全てを兼ね備えている、珍しいビジュアルだと思った。初めて見たときはいかがでした?

村西:私は、あの作品のなかで間男をされてしまうんですよ。その現場を私が見てしまったときの衝撃を、山田孝之さんが演じた、阿修羅のごとく苦悩の世界に入ったような表情は、まるで合わせ鏡を見せられたかのようで強烈でしたね。彼じゃなければ「全裸監督」はできなかったと思います。

鈴木:あと、黒木香さんを演じた女優さん(森田望智さん)をはじめ、全てのキャストがすごかったですよね。

村西:「全裸監督」はスタッフ200人くらいで作っているんですけど、パーティーの席で、山田孝之さん、満島真之介さん、リリー・フランキーさんら錚々たる俳優さんたちとご挨拶をして。歓談しているときにスッと森田望智さんが私のところにいらして、「監督、抱いてください。ここで」って言うんですよ。みんな見て見ないふりをするんです。

鈴木:はい。

村西:でも、そう言われたら引き下がるわけにはいかないじゃないですか。で、グッと抱いたら「もっと強く、アッハン♪」って声が出ちゃう。

鈴木:打ち上げ会場でしょ(笑)?

村西:私の耳もとで「アッハン♪」って邪なことを仕掛けてくるんですよ。私もスイッチが入っちゃったから、グッと抱きしめましたよ。それで離れたら、うちの社長が寄ってきて「どうしたの?」って。「彼女がね、『抱いてくれ』と言うから抱いたんだ」と説明したら、「あんた、馬鹿じゃないの? 彼女は劇中で、山田孝之さんに『抱いてください』と言うシーンがあったんだよ。それをあんたにやっただけだよ」って。

鈴木:ハハハハハ!

村西:そういう彼女の役者根性。それと、リアルな村西とおるに自分がトライしてみて、どんな感覚を自分に植えつけることができるのだろうかというパッションというか、感動的でしたね。

次回12月13日(金)は、ゲッターズ飯田さんをゲスト相談員にお迎えします。どうぞお楽しみに!


----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】 http://www.tfm.co.jp/link.php?id=7755
聴取期限 2019年12月14日(土) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ http://www.tfm.co.jp/timefree_pr/
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:鈴木おさむと小森隼の相談フライデー
放送日時:毎週金曜12:00〜13:00
パーソナリティ:鈴木おさむ、小森隼(GENERATIONS from EXILE TRIBE)
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/soudan/