1日、群馬県渋川市の関越自動車道で80代の男性が運転する軽乗用車が逆走し、乗用車と正面衝突した。この事故で1人が心肺停止、2人がけがをしている。

 事故があったのは渋川市赤城町の関越自動車道下り車線。消防などによると、午後2時半ごろ「逆走してきた軽乗用車が車とぶつかった」と目撃した女性から119番通報があった。

 この事故で軽乗用車を運転していた80代の男性が心肺停止の状態で車内から救出され、乗用車に乗っていた70代の男女がけがをした。警察は軽乗用車がどこから逆走してきたのかなど、事故の状況を詳しく調べている。

 この事故により関越自動車道下りの赤城ICから昭和ICの間で通行止めになっている。(AbemaTV/AbemaNEWSより)