【AFP=時事】北朝鮮は30日、同国による「超大型ロケット砲」の試射をめぐり、近いうちに安倍晋三(Shinzo Abe)首相が「本物の弾道ミサイル」を間近で目にすることになり得ると警告し、「歴史上最もばかな男」だと非難した。

 北朝鮮は、金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong-un)朝鮮労働党委員長が視察する中、28日に「超大型多連装ロケット砲」を試射を実施したとする一方、韓国は北朝鮮が発射した飛翔(ひしょう)体2発が日本海(Sea of Japan、韓国では東海 East Sea)に落下したと発表。安倍首相は飛翔体を「弾道ミサイル」だとし、国連安全保障理事会(UN Security Council)の決議に違反していると述べていた。

 これに対して北朝鮮の国営朝鮮中央通信(KCNA)は、同国の外交当局者の発言として、「多連装ロケットシステムとミサイルの区別もつかないとは、安倍は世界で唯一無二の白痴(知的障害)、史上最もばかな人間だと言い得る」と報道。

「安倍は本物の弾道ミサイルというものを遠くない将来、それも間近で目にすることになるだろう…安倍はとんでもない大ばか者だ」と伝えている。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
北朝鮮、安倍首相を「白痴」呼ばわり 兵器実験批判に反発
北朝鮮、「千年来の敵」日本の対韓輸出規制めぐり批判展開
【写真特集】視察する北朝鮮の指導者、金正恩氏