by Claudio_Scott

ビタミンDは、日光を浴びることで生合成される必須栄養素の1つです。ビタミンDが欠乏すると、小腸からカルシウムを十分に吸収することができなくなり、骨軟化症や骨粗しょう症を引き起こすため、人は定期的に日光を浴びる必要があります。そんな日光浴について「太陽に肛門を30秒間向けることは、1日中日光を全身に浴びるのと同じくらい健康的」と主張するインスタグラマーが登場。肛門日光浴を実践する者も続々現れて話題となっています。

Sunning light on your anus is a viral joke that has some science behind it | Inverse

https://www.inverse.com/article/61289-perenium-sunning-butt-science

ホリスティック教育者であるトロイ・ケイシー氏は「肛門の粘膜に日光を30秒間当てることは、1日中日光浴を行うことと同じ効果がある」と、buttholesunning(肛門日光浴)の有効性を主張。この主張に賛同したmetaphysicalmeaganさんがInstagramで肛門日光浴実践していることを報告したところ、この投稿がTwitterで拡散され、記事作成時点で1万8000件以上のリツイートと8万9000件以上のいいねを集めるほど話題となりました。

その様子をInstagramに投稿する人が登場。肛門日光浴専用のハッシュタグ「#buttholesunning」まで誕生しています。

この投稿をInstagramで見る #SuLu(@yosoysulu)がシェアした投稿 - 2019年11月月10日午後2時12分PST

この投稿をInstagramで見る Mamarula - Pili Cabrera(@soymamarula)がシェアした投稿 - 2019年11月月7日午前3時47分PST

中には複数人で一緒に仲良く並んで肛門日光浴を実践する人もいました。

この投稿をInstagramで見る The Peaks Life(@thepeakslife1)がシェアした投稿 - 2019年10月月18日午前5時54分PDT

ラトガース大学の栄養科学者であるジョシュア・ミラー氏は「太陽にお尻を向けて日光を浴びた方がいいと思うこと自体は奇抜ではありません」と述べ、「手や顔よりも、背中やお尻を太陽に向けた方が日光にさらされる皮膚面積が増え、1分あたりのビタミンD生合成量が増加する可能性があります」と説明しています。

一方で、ミラー氏は「体の部位によって、単位面積当たりのビタミンD生合成量が変わることは証明されておらず、肛門日光浴が健康にいいことを示す科学的根拠はありません」と論じています。ミラー氏によると、日光浴の効果は場所や時間、年齢、肌の色、季節など多くの条件で変わってしまうため、「どのように日光浴をすればビタミンDを効率的に生合成できるか」については検証が難しく、はっきりしていないそうです。

なお、「日光浴は週に5分〜30分程度で十分であり、過度の日光浴は皮膚がんのリスクがあります」とミラー氏は注意を促しています。