今年4月に京都・祇園にオープンした焼き鳥店と「祇園新橋景観づくり協議会」が煙を巡って対立している。

 焼き鳥店と協議会はオープン前の2月に、同地域で商売をする際のマナーについて確認し、その際に「騒音・悪臭などを発生させない」という内容も確認していたが、オープンした4月には焼き鳥店の煙の影響で近隣の日本料理店が10日間の臨時休業を余儀なくされていた。その後、5月に入り焼き鳥店が排気設備の改良工事を行ったが、現在でも風向きによっては煙や臭気が漂う日があるという。

 協議会は焼き鳥店に対しさらなる排気設備の強化を要望しているが、焼き鳥店は「予算として難しく、設置はできない」と回答しているという。 協議会は「飲食店街としては普通のにおいだが、祇園の風情にはふさわしくない。今後も話し合っていくが、現在はこう着状態」と話している。
(AbemaTV/『けやきヒルズ』より)