カストロ監督「お願いしたものはすべて用意してもらえた」 東京五輪出場決定で来年も日本へ

■メキシコ 3-2 アメリカ(プレミア12・17日・東京ドーム)

「第2回 WBSC プレミア12」は17日、3位決定戦が東京ドームで行われ、メキシコが初の五輪出場を決めた。延長10回タイブレークの末、3-2でアメリカにサヨナラ勝ち。阪神ナバーロが劇的な一打を放った。今大会のアメリカ大陸最上位国に与えられる来年の東京五輪出場権を獲得。“本番”でのさらなる躍進を誓ったフアン・カストロ監督は、今大会で日本の「おもてなし」に感動したことも明かした。

 延長10回。1死満塁でナバーロがバットを折りながらセンター前に運ぶと、メキシコナインが一斉にベンチから飛び出した。ベンチでは、カストロ監督らスタッフ陣が固く抱き合い、初の五輪切符獲得の味を噛み締めた。

 試合後の会見では「誇りに思う」と振り返ったカストロ監督。すでに、目は来年の五輪本番に向いており、「この(今大会の)銅メダル、大好きです。しかしこれ以上のメダルを目指してやっていきたいと思います」と誓った。「今回初めて(五輪に)出場することになり、非常に大きい影響をメキシコ球界に与えることになると思います。メキシコには才能の若い人たちがたくさんいますので、こういった事柄をきっかけに若い人たちが野球を始めてくれたらいい。メキシコの野球は今後さらに進化していくと思います。次の東京五輪では金メダルを目指したいと思います」と、頂点を目指す構えだ。

 また、今大会で手にした経験値については「この大会には最もいいチームが出場しており、最もいい5チームと戦うことができたのはいい経験だ。メキシコに帰ってよりよいチームを作る準備をしたい」と大きな“財産”になった様子。来年の五輪も同じ日本で試合をすることになるが、「日本の方々には大変よくしていただき、おもてなしをしていただき、こういったいい施設で戦えた。お願いしたものはすべて用意してもらえたし、試合をするにはいい環境だと思う」とカストロ監督。最高の環境がある日本に不安なく乗り込んでくることになりそうだ。

 これで、東京五輪への出場は開催国の日本、欧州王者のイスラエル、今大会アジア最上位の韓国、アメリカ大陸最上位のメキシコと4か国が決定。残り2枠は来年3月のアメリカ大陸予選、世界最終予選で決まる。(Full-Count編集部)