DeNAの伊藤光捕手が23日、横浜市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、来季からの4年総額4億5000万円プラス出来高払いでサインした。

 今季取得した国内FA権を行使せず、DeNAとなってからは最長の4年契約で合意。「想像している以上に評価していただけた。凄くうれしかったし、4年という期間をいただけてもっとうまくなるチャンスをいただけたと思っている。チームの中心にずっといられる存在でありたい」と表情を引き締めた。

 三原一晃球団代表も「本人は長く活躍したいという意向があり、可能な限りかなえてあげたかった。期待の表れ」と語った。

 シーズン終了後にはSNSなどに届くファンの「残って下さい」の声に心を打たれたという。「トレードで移籍してきた僕をファンの皆さんが歓迎して応援してくれることがうれしかった。たくさん言葉を掛けてもらって、それが一番うれしかったです」と残留の決め手を明かした。

 昨季途中にオリックスからトレード加入。今季は故障による離脱もあったが、正捕手として84試合に出場した。来季へ向け「勝つために全力を尽くしていきたい」と語気を強めた。(金額は推定)