もはやハイブリッド車は日常に溶け込んでいる

 1997年に初代プリウスが登場して早20年以上。もはやハイブリッド車は特別なものではなく、すっかり日常に溶け込んでいる。車種も軽自動車からミニバン、SUV、スポーツカーに至るまで多くの車種に採用されているのはご存じのとおりだ。

 その一方で、これからクルマを運転する人のために作られた教習車にはハイブリッド仕様が用意されていない。先日発表されて話題となったマツダ教習車はベースにハイブリッド車がないという大きな理由があるが、カローラアクシオがベースとなったトヨタ教習車も、ホンダのグレイス教習車も、ベース車にはハイブリッド車が用意されているものの、教習車は1.5リッターのガソリンエンジンのみとなっている。

 すでに多くの台数が走り回っているほぼタクシー専用車であるJPNタクシーですらハイブリッド専用車となっているにもかかわらず、なぜ教習車はハイブリッド車が用意されないのだろうか?

カローラでみるとHVとガソリンエンジン車の価格差は45万円!

 これはやはりコストというものが大きく影響していると言えるだろう。年間10万キロ弱を走ると言われるタクシーであれば、少々車両価格が高いハイブリッド車を導入しても燃料コストで吸収できる可能性も高いが、日常的に稼働しているものの、じつはそこまでの距離を走行しない教習車ではハイブリッド車を導入するメリットが少ないというわけだ。

 実際トヨタ教習車のベースとなったカローラアクシオだが、1.5リッターのガソリンエンジンを搭載するモデルが166万6500円なのに対し、ハイブリッドモデルは212万3000円とおよそ45万円もの価格差がある。これを複数台導入するとなれば、無視できない金額となることは明白なのである。

 とはいえ、これからは排出ガスに対しても無頓着ではいられなくなる時代がやってくるだろうから、短距離しか走らない教習車専用の電気自動車が登場してくるかもしれない。それこそ教習所構内のコースには非接触充電の送電ユニットが埋め込まれ、教習を実施しながら充電できるような形になる時代がやってくるのではないだろうか。