ウェールズCTBパークスがBBCのコラムで日本生活綴る

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会、C組で3戦全勝で決勝トーナメント進出を決めているウェールズ。事前の合宿地・北九州市で地元の子供達からウェールズ聖歌の合唱で歓迎されるなど、日本各地で絆を深めているが、滋賀・大津での合宿でも美しい記憶を残したようだ。CTBハドリー・パークスが英公共放送BBCのコラムで「人々は究極的にフレンドリー」とホスト国・日本への愛情を綴っている。

 9月29日に東京スタジアムで強豪オーストラリアを29-25で倒したウェールズ。9日に大分で行われたフィジー戦(29-17)の前に大津市で合宿を張った。

「オーストラリアを倒した翌日、僕たちはトウキョウからオオツに向かった。ちょっとした休養期間を過ごしました。トウキョウとは完全に違う環境でした。もしも、我々にトウキョウで3日間もオフがあったら、最高に危険な状態でしたね!

 常々慌ただしいと聞いていましたが、実際にそうでした。どこに行っても人がいる。生活のペースが速い。ご飯も美味しい。人々は究極的にフレンドリー。どこでも溶け込むのは比較的に楽でした。我々は食事する素敵な場所やいいコーヒーショップを見つけました。このコラムの読者なら、選手たちにとって、とても重要なことだとわかるでしょう」

 オーストラリア戦前の東京ライフを振り返ったパークス。同僚のジョナサン・デービスがインスタグラムで東京情報を集めて、大都市の文化や喧騒も楽しんでいたというが、日本人の親切さについて身に沁みた様子だった。

日本文化に触発「キョウトの寺院、庭園は興味深かった」

 そして、オーストラリアを破った後、チームとともに滋賀県に向かった。

「(東京の)対極に位置するのがオオツだった。我々が到着した際には数日のオフがあった。ジョージアとオーストラリア、タフな2試合の後で、その間の日程も短かったので、休息が必要でした。オオツに来られて良かった。湖を見渡せるホテルで、みんな本当にフレンドリーでした」

 琵琶湖を望むホテルで過ごしたウェールズ。パークスは大津の人々にも好印象を抱いていた。

「オフは本当にゆっくりしていました。何人かと釣りに行きましたが、楽しかった。普段は海釣り派ですが、小さい魚を釣れました。快晴だったので、いつも日焼けに勤しんでいましたよ! キョウトにも足を運びました。歴史や寺院、庭園を見て回ることは興味深かった。素敵で、落ち着いた数日間でした。大都市から離れたことも良かった。でも、我々にはなすべき仕事がある」

 日本文化にすっかり触発されているパークス。チームも試合後、スタンドの観衆に深々とお辞儀をするなど、日本の美徳に倣っている。転戦先の街でホスト国の人々と触れ合った美しい記憶はレッドドラゴンズ(ウェールズの愛称)の猛者たちの心に深く刻まれているようだ。

 チームは13日のプール最終戦で1位通過を目指しウルグアイと対戦する。(THE ANSWER編集部)