【AFP=時事】米連邦捜査局(FBI)は6日、殺人罪で収監中のサミュエル・リトル(Samuel Little)受刑者(79)について、自白した93人の殺害のうち、少なくとも50件の犯行が確認された全米史上最悪の大量殺人犯だと発表した。FBIは特設ウェブサイトを開設し、残る未解決事件に関する情報提供を呼び掛けている。

 FBIによると、リトル受刑者は1970〜2005年に93人を殺害したと自白している。被害者は主に女性だったという。捜査関係者はすべての自白について信頼性が高いとみているが、これまで50人の殺害への関与しか確認できていない。

 そこでFBIは特設サイトを開設。残る事件に関するリトル受刑者の供述を録画した動画や、同受刑者の描いた被害者の似顔絵などを公開した。「被害者の多くは当時、薬物中毒死や事故死、死因不明などと断定されていた。遺体が見つかっていないケースもある」とウェブサイトには説明されている。

「犯人は既に収監されているとはいえ、被害者一人ひとりのために正義を追求し、できる限り全ての事件を解決に導くことが重要だとFBIは考えている」と、FBI犯罪分析官のクリスティー・パラッツォロ(Christie Palazzolo)氏は述べた。

 元ボクサーで、サミュエル・マクドウェル(Samuel McDowell)の別名でも知られるリトル受刑者は、2012年にケンタッキー州のホームレス(路上生活者)支援宿泊施設で麻薬絡みの容疑で逮捕され、カリフォルニア州に送致された。そこで採取されたDNA情報から、3件の未解決殺人事件への関与が判明。1987〜89年にロサンゼルスで女性3人を殴打した上、絞殺した罪で2014年に終身刑の判決を受けた。

【翻訳編集】AFPBB News