眠くなったらいつでもゴロンとできる環境で「もう少しだけ!」とオンラインゲームに熱中する──。ゲームを愛する者にとって、まさに“夢の体験”ができる施設が大阪・日本橋に誕生する。

「e-ZONe 〜電脳空間〜」は“泊まれるeスポーツ施設”をコンセプトにしたホテルで、開業は2020年4月。

当施設は、B1Fから8Fまでの全9フロアで構成。1Fから3Fがゲーミングフロア、4Fから8Fが宿泊フロア、そしてB1Fがシャワーフロアとなっている。施設内には最大71席のハイスペックPCブースが用意されるほか、実況配信用の設備も完備。個人利用はもちろん、大会やイベントも開催予定だ。

日本でも完全に市民権を得た感のある「eスポーツ」だが、まさか宿泊施設とのマッシュアップが実現するとは......。今後、このカルチャーがどんな成長をみせてくれるかますます楽しみになるトピックである。

Top image: © 株式会社サンユー都市開発