夏の疲れや気温の変化で“秋バテ”を自覚する人が続出するこの季節。薬膳鍋で身体を温めて、原因解消しませんか?

漢方薬店を併設した薬膳レストラン「kampo's(カンポーズ)」は、9月23日(月)より秋バテ解消の「薬膳美人鍋」を販売する。


「kampo's」は、専任の薬剤師がメニューを監修し、カウンセリングや漢方の処方も行なっているレストラン。


食事の提供を待つ間に体質診断をしたり、お気に入りの生薬を見つけたりと、美容と健康に敏感な人のリピートも多いお店だ。

今回提供される薬膳鍋は、胃腸を温めて血流を良くする、薬剤師の理論に基づいたメニュー構成。流行ではない、薬剤師が監修する本格的な薬膳食だ。

前菜には「2週間ごとに変わる二十四節季前菜」、スープには「乳酸菌たっぷりの程良い酸味の黒スープ」と「豆乳ベースにナッツの風味の白スープ」の2種類を用意。


鍋には「8種オーガニック野菜盛り合わせ、豆腐三五六」「8種きのこ盛り合わせ」「三元豚白王」「厳選国産牛」、2種類から選べる「締めの一品 ウコン面or八穀麺」が用意されており、食後は「二十四節気のデザート」も提供される。

「秋の美人薬膳鍋」3800円(税込/2名〜)は、9月23日(月)から秋季限定で楽しめる。

夏の疲れを感じている人は、ぜひ一度、薬膳鍋を味わってみて!

■「薬膳レストランkampo’s銀座」
住所:東京都港区新橋1-5-6 第3誠和ビル5F