スマートフォン(スマホ)決済サービス「LINE Pay」は、コミュニケーションアプリ「LINE」の延長で利用するという点で、ほかのスマホ決済に比べて優しい操作との見方が強い。しかし、「なぜ人気なの?」「本当に簡単なの?」「「お得なの?」と疑問に思う人も多いはずだ。そこで、LINE Payのメリットとデメリットを解説する。

●そもそも「LINE Pay」って何?

 使っていない人もいるかもしれないので、まずLINE PayとはLINEのスマホ決済アプリでスマホに表示させたバーコードやQRコードを利用すると、現金いらずで買い物ができるキャッシュレス決済サービスとなる。

 リアルカード「LINE Payカード」も発行しており、スマホで支払うことに馴染みがない人でも店舗でカードを差し出せばポイント還元が受けられる。キャンペーンを活用すれば、ポイントも貯まって現金払いやクレジットカード払いと比較して、経済的にお得になることもある。

●LINEアプリから手軽に使える

 では、メリットを挙げてみよう。まず、「LINEアプリから手軽に使える」ということ。そのため、登録も簡単になっている。作業は、LNEアプリの「ウォレット」を開く、「LINE Payをはじめる」を選択、規約に同意、するだけ。コノステップで新規登録が完了する。

 個人間送金や銀行口座の出金の際は本人確認が必要になるが、簡単に登録が完了。わざわざ専用のアプリをインストールする必要もなく、LINEが普段使い慣れていれば簡単に使えるというのは、大きなメリットだ。

●個人間送金が利用できる

 第2のメリットは、「個人間送金が利用できる」ということ。「個人間送金」機能が存在し、LINE Payユーザー同士でお金を送り合うことができる。

 例えば、ユーザーAがユーザーBに5000円を送金すれば、ユーザーBは実際に5000円の受け取りが可能。友達に送金したいとき、祖父母が孫に小遣いをあげたいなど、さまざまな用途がある。

●LINE Payボーナスが貯まる

 第3のメリットが「LINE Payボーナスが貯まる」こと。LINE Payでは、利用金額に応じてポイントがたまるのだが、ユーザーごとにポイント還元率が異なる「マイカラープログラム」制度も導入している。

 毎月のLINE Pay決済金額と送金数で還元率が決まり、まさに使えば使うほどお得になる仕組みになっている。特に、カラーランクがグリーンまでになると、利用金額の2%がLINE Payボーナスとして還元。1万円の商品をLINE Payで購入した場合、200円分のLINE Payボーナスを獲得できる。LINE Payとクレジットカードで「ポイントの2重取り」も可能なのだ。

●VISA加盟店でも利用可能予定

 最後に、LINE Payの加盟店がコンビニや飲食店を中心に拡大中だが、何と「VISA加盟店でも利用可能になる」ということ。あくまでも、予定なので変更になるかもしれないが、実現すればクレジットカードとほとんど変わらない利便性を手に入れることができる。VISAの加盟店は、世界約5400万店舗で国内だけでなく海外旅行でもLINE Payが便利になる日もそう遠くはない。

●では、デメリットは?

 非常に便利でお得なLINE Payだが、唯一デメリットをあげるならば「本人確認の必要性」ということだ。個人間送金や登録した銀行口座からお金を出金する際、LINE Payで本人確認を済ませておくことが必要。運転免許証などを用意することになるので意外と時間がかかり、少し面倒な作業ではある。

●総合的に使って損はない

本人確認という面倒な作業はあるものの、総合的に判断すると、圧倒的にメリットが多く、基本的にはLINE Payを使って損はないといえる。しかも、スマホ決済の初心者が使いやすいキャッシュレス決済、ということは間違いないだろう。(フリーライター・平本 良太)