「NHKから国民を守る党(N国)」の党首で参議院議員の立花孝志氏(52)が9日、東京・参議院議員会館で緊急会見を行い、「議員はただちにやめません」と発表した。この日、中央区議を脅迫した容疑で警視庁月島署から任意で事情聴取を受けていた。

 立花氏は9日午後、SNSで「参議院議員立花孝志の出処進退に関する事柄」について会見を行うと発表していた。

 当該の中央区議は、今年4月の区議選で同党から立候補して初当選したが、金銭トラブルで6月に除名処分となった二瓶文徳氏。立花氏は動画サイト「YouTube」に二瓶氏を批判する動画をアップしていた。会見では「脅迫ととられても仕方ない」と話した。

 その上で、「議員をただちに辞めることはいたしません」と冒頭に辞職を否定。一方で、「有罪になったら辞めなきゃいけないだろうなと」とも発言した。

 会見の中では、この日午前10時すぎに月島署から電話があり、折り返したところ、「脅迫のことで」と言われ、「自ら出頭」したことなど、聴取の詳細を説明。被害届を提出したのが二瓶氏本人であることも強調し、「この程度のもので、本人が警察の方に行くのは、公人としていかがなものか」「警察に行く前に何か一言あってもいいんじゃないの」などと批判。

 さらに「これを(この案件について)警察が乗り出すというのは、警察はそんなにヒマなのか!」と続けて警察への怒りもぶちまけていた。