有名企業400社への実就職率が最も高かったのは2年連続で東京工業大学に (写真:sunny/PIXTA)

就職を考えながら大学・学部を選ぶのは当たり前になってきている。

中でも難易度の高い難関大学を目指す受験生やその保護者は、就職率より就職先を気にする傾向が強い。就職先として公務員の人気が高いが、安定した有名大企業への就職実績にも注目している。

難関大学では、就活においても有名企業を目指すのは普通のことだ。ただ、友人が業界トップの企業に内定すれば、自分がダメなときには、就職浪人も辞さない学生もいるという。大手企業を目指すのは、大学生全員に当てはまることかもしれないが、難関大学の学生は、とくにこだわりが強いことは間違いないようだ。

2年連続で東京工業大学がトップ

その有名企業に強い大学はどこか。「有名企業400社の実就職率」を見てみよう。400社は日本を代表するトヨタ自動車や日立製作所、三菱UFJ銀行をはじめ、日経平均株価指数の採用銘柄や、企業規模、知名度、大学生の就職人気企業ランキングなどを参考に選んだ。値は、有名企業400社就職者数÷(卒業者数−大学院進学者数)で算出している。


トップは2年連続で、東京工業大学。有名企業400社の実就職率は、57.4%だった。2位も昨年と同じ一橋大学で55.0%。この2校だけが5割を超え、2人に1人以上が有名企業に就職している。2校とも売り手市場を反映して、昨年より実就職率はアップしている。

東京工業大は学部と大学院を合わせた6年一貫教育を実施している理系の大学だ。就職者が多い主な企業を挙げると、日立製作所34人、本田技研工業23人、三菱重工業22人、富士通21人、野村総合研究所とヤフーがともに20人、ソニー19人などだ。

一方、一橋大は商、経済、法、社会の社会科学系4学部の文系の大学だ。主な就職先企業は三井住友銀行17人、東京海上日動火災保険と三菱UFJ銀行がともに16人、大和証券グループ15人、日本生命保険と楽天がともに13人などだった。

東京工業大と一橋大の学部構成は対照的で、就職先企業の顔ぶれが異なるのは当然だ。メガバンクはAIの導入で、一般職を中心に採用を減らしている。しかし、一橋大は昨年と変わりない人数が就職しており、総合職に相変わらず強いことがわかる。

また、東京工業大はヤフーの就職者が多く、一橋大は楽天への就職者が多くなっている。一橋大が楽天の三木谷浩史社長の母校だからだろうか。ちなみにヤフーの一橋大就職者はゼロだった。

以下は3位国際教養大学、4位名古屋工業大学、5位東京理科大学、6位電気通信大学、7位早稲田大学、8位九州工業大学、9位大阪大学と続く。10位の京都工芸繊維大学は昨年の20位から10位に躍進した。

理系大学の強さが際立っており、トップ10では半数の5校を占める。総合大学でも早稲田大は理工系が3学部、大阪大も3学部あり定員は多い。

トップ10以外でも、13位に豊田工業大学、15位に芝浦工業大学、18位に豊橋技術科学大学が入るなど、比較的規模の小さな理系大学も上位に入っている。

大手企業側は理系人材採用に躍起

企業の採用支援を行っているワークス・ジャパンの清水信一郎社長は、「今は各企業とも狙いは理系人材の採用です。メーカーにとってみれば開発人材ということになりますが、例えばサービス分野でも、IT、AIの導入は当たり前になってきており、自社にそれをわかる人がいないことには、導入に当たって相手と渡り合っていけないことがあります。どのような業種の企業でも、理系の人材の採用意欲は高いため、この実績になっているのでしょう」と言う。理系の人材は、どこでも引っ張りだこだ。

単科大トップは3位の国際教養大だ。昨年より実就職率はアップしている。2004年に開学し、国際教養学部のみの単科大だ。授業はすべて英語で行われ、1年間の留学が必須。1年次は全学生が外国人留学生と寮生活を送る。4年で卒業する人は少ないが、有名企業への就職者は多い。就職先企業にも特徴があり、文系学部で人気の銀行への就職者が少なく、メーカーへの就職者が多い。

一方、これとは対照的に実就職率が下がっているのが女子大だ。女子大トップは36位の東京女子大学だが、400社の実就職率は、昨年に比べて1ポイントダウンしている。他にも38位の学習院女子大学、44位の日本女子大学、47位の聖心女子大学、59位のフェリス女学院大学などの実就職率がダウンしている。メガバンクなど、銀行の採用減が響いたと見られる。

女子大全体で集計すると、昨年の9.8%が9.1%に下がっている。この逆風の中でも、41位の津田塾大学のように、昨年より実就職率をアップさせている女子大もある。

最後に有名大学を見てみよう。日本最難関の東京大学は26位にとどまっている。国家公務員になる卒業生も多く、有名企業への就職者が伸びないこともあるようだ。慶應義塾大学は就職者3人以上の企業しか公表していないため、ランキングの集計外になっているが、それだけで集計しても400社の実就職率は41%にもなる。表中4位に入る計算で、私立大トップに立つ。三田会など卒業生のネットワークが強固なこともあって、就職に強いことは揺るがないようだ。





■データについて
データは2019年9月5日現在。400社実就職率(%)は、有名企業400社への就職者数÷〔卒業(修了)者数−大学院進学者数〕×100で算出。同率で順位が異なるのは、小数点2桁以下の差による。一部の学部・研究科などを含まない大学もある。大学名横の*印は大学院修了者を含むことを表す。設置の「国」は国立、「公」は公立、「私」は私立を表す。大学院進学者数の「−」はゼロまたは未集計。有名企業400社は、日経平均株価指数の採用銘柄や会社規模、知名度、大学生の人気企業ランキングなどを参考に選定。慶應義塾大学は3名以上就職先のみ公開のため、表に含まない