【ソウル聯合ニュース】韓国の盧英敏(ノ・ヨンミン)大統領秘書室長は26日、韓国政府が日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の終了を決めたことについて、日本が「ホワイト国(輸出管理の優遇対象国)」から韓国を除外したことで韓日間の信頼を損なったことに対し、「われわれが選択できる適切なことだった」と述べた。また「今回の決定は現在の状況や未来の外交・安全保障まで見通し、国益を慎重に計算して判断した結果」と強調した。国会予算決算特別委員会で答弁した。

 また、不当な措置を取る日本と何事もなかったかのようにGSOMIAを延長するのは、問題の根源的な解決や韓日の建設的な未来指向の関係のために決して役立たないと指摘した。

 韓国の独島防衛訓練に対し日本政府が反発したことについては、「訓練はわが領土を守るための定例的な訓練であり、全面的にわれわれの主権に関する事項」とし、「是非を問う対象にならない」と述べた。