自分の好みの服や、トレンドアイテム。
洋服を選ぶときは、チェックしたいポイントはたくさんあります。

でも注意しないと、太ってしまう気太りアイテムも。
この記事では、気太りしちゃう、要注意アイテムをご紹介します。

(1)上下のゆったりコーデ


気太りしやすい定番といえば、上下ともゆったりしたコーデ。
トレンドでもありますが、注意したい組み合わせです。

大人女性は、体型を隠したいため、ボリュームのあるアイテムを選びたくなります。
でも、上下ともゆったりとしたシルエットや、長い丈の洋服は、だらしない印象に。

トップスか、ボトムス、どちらかをタイトなシルエットにしましょう。
スタイルアップ効果が狙えます。
トップスをインするのも、ウエストが強調されますよ。

(2)太めのボーダー柄ニット


横にラインが入っているボーダーは、太って見えやすいアイテム。
胸やお腹など、太っている箇所のボーダーの幅が違うため、太見えしやすいのです。

特に太めのボーダー柄ニットは、横を強調するため、注意が必要。
また、ベースの柄がホワイトなど、色が薄いのも、気太りする原因になります。

もし、ボーダー柄を着たいのなら、ボーダーの幅が狭いものを選びましょう。
幅がランダムなものは、細見え効果も着たいできます。
またベースの色が暗い色のほうが、引き締め効果により、すっきりと見えやすいです。

(3)膨張色アイテム


白やピンク、パステル系などの淡い色や、オレンジなどの暖色系は、膨張色と言います。
その名の通り、膨らんで見えてしまうカラーです。

特に、白やベージュでのワントーンコーデは、ぼんやりした印象に見えます。
合わせやすい色も多いですが、素材や着こなしには注意が必要。
ふんわりした素材やシルエットは、余計に気太り見えてしまいます。

引き締め効果のあるカラーを、取り入れていきましょう。
黒や暗い紫などが、引き締め効果が高いです。
上下どちらかでも、すっきりと見える色で、まとめてください。

(4)スキニーパンツ


細く、足をながく見せてくれるスキニーパンツも、着太りしやすいアイテム。
おしりや太腿の形が強調されて、太って見えてしまうのです。

特に白などの膨張色は太った印象に。
また柄物は、柄が伸びてしまい、だらしなく見えてしまいます。

スキニーパンツを選ぶときは、サイズがぴったりのものを選びましょう。

気太りしやすいアイテムについて、ご紹介しました。
トレンドでも、着こなしによっては、太って見えてしまうことも。
ぜひ、参考にして、スタイルアップコーデを目指してください。

(liBae編集部)