履き心地楽チンで、プチプラブランドでも手に入る、ワイドパンツ。普段からよく履くという方も多いのではないでしょうか。そんな方にオススメ!今回は、間違った「ワイドパンツ」の着こなし方ご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

(1)小柄さん×パフスリーブ

『小柄な子がボリュームのあるトップスとワイドパンツを合わせるとバランスが悪い』(28歳/IT)着まわし力が高く、頼れるアイテムのひとつである、ワイドパンツ。小柄さんがとくに気をつけたいのが、トップスのチョイスです。パフスリーブなど、ポイントでボリュームがあるトップスは要注意。下半身のシルエットがワイドなので、全体的に締まりのないコーデになってしまいます。バランスよく見せたいなら、タイトなトップスに、ハイウエストのワイドパンツを合わせるのがオススメ。小柄さんはぜひ真似してみてください。

(2)ゆるTシャツ

『トップスもボトムスもゆったりしててアクセントがない』(26歳/事務)二の腕周りをカバーできるゆるTシャツは、ワイドパンツとも合わせやすいです。しかしマンネリ化しやすいのも事実。全体的にルーズなシルエットなので、締めポイントが必要です。ウエストインする場合は、ベルトでアクセントをつけましょう。そうすることでウエストの細見え、コーデのバランスが良くなります。

(3)厚底サンダル

『ワイドパンツと厚底サンダルを合わせると、全体的に重たい印象になる』(29歳/SE)歩きやすいスポーツサンダル。ワイドパンツと合わせると、少し重い印象になります。オススメなのはぺたんこサンダル。抜け感のある、大人っぽいコーデに仕上がります。スタイル良く見せたいという方は、細めのヒールがオススメ。

(4)下着のライン

『後ろから見た時にパンツのラインが浮き出てると残念』(27歳/販売)夏向けの素材は、下着のラインがひびきやすいです。後ろから見たとき、残念な印象にならないためにも、ショーツは気にしたいところ。シームレスタイプの下着や、Tバックがオススメです。今回は、間違った「ワイドパンツ」の着こなし方を紹介しました。やってしまっていた!というものもあったのではないでしょうか?コーデを考える際に、ぜひ参考にしてください。(恋愛jp編集部)