あなたはお酒が強いですか?お酒に強くても弱くても関係ないんです!「酔っ払っちゃった♡」を言い訳に彼に小悪魔テクを使っちゃいましょう。酔っ払っている時だからこそ許されることってあるんです。女の武器をどんどん使って彼を骨抜きにしちゃいましょう♡

(1)しっとり感の演出

『お酒を飲んだ時に騒がしくなる子より、しっとり上品に話す子の方が色っぽい』(28歳/サービス)酔っ払ったらどうなりますか?大半は楽しくなっちゃうもの。ですがガハガハ笑ったり大声で話したりするのは禁物です。思ったことをぱっと口に出すのではなく、話す前に一呼吸置いてみましょう。会話のペースもゆったりと、上品に話すのを心がけましょう。

(2)聞こえないふりをして急接近

『騒がしい中でぱっと顔が近づくとドキッとする』(27歳/飲食)多人数で飲んでいたり、人が大勢いる場所だとどうしても周りがワイワイ騒がしくなりがち。そんな時は「ん?今なんて言ったの?」と言って彼の顔に自分の耳を近づけてみましょう。突然の急接近に彼はドキドキ間違いなし!彼もお酒が入っていれば多少は開放的になっていますでしょうし、遠慮なんか要りません。お酒の力を借りて彼との距離感を近づけちゃいましょう。

(3)見つめる

『酔った女性にじっと見つめられるとキュンとしてしまう!』(28歳/広告)酔っ払った女性って無条件でセクシーに見えます。蒸気した顔、うっとりとしたうるうるの熱い視線。お酒の席では周りなんか気にしないでそれを最大限有効活用しましょう。普段だったらじーっと見つめると相手に違和感を覚えさせてしまいますが、お酒が入っていればオールオッケーなんです!彼を色っぽ視線で見つめちゃいましょう♡

(4)さりげなく大胆になる

『酔ってる時にちょっと大胆なこと言われるとドキドキしちゃいますよね』(28歳/商社)「酔ってる時って本音が出ちゃうらしいよ」意中の彼と飲む前にこの魔法の言葉を使ってみてください。お酒が進み出したら、とにかく彼のいい所を褒めて褒めて褒めちぎってください。「○○くんのそういうところ私大好き♡」なんて言ったら彼はもうあなたの虜です。「あ、ごめん、つい本音で話しちゃったけど嫌じゃなかった?」の言葉で最後は締めくくりましょう。今回はお酒の席で使える小悪魔テクニックをご紹介しました。お酒の力を借りちゃえば失敗なんて怖くない!いつもより開放的になって、大胆に彼を責めちゃいましょう。(恋愛jp編集部)