かの有名な夫人が
「大好きな年収200万の男と好きでもない年収1億の男、どちらと結婚するべき?」
という質問に、はっきりと1億の男と答えましたね。
わたしは逆にはっきりと、「大好きな人でしょ!」と答えます。
年収1億円以上ある人からアプローチ受けたこともあります。
結構熱烈だったし、彼はどんな頭の中をしてる人なんだろうって好奇心もあったので、しばらくデートしたけど、やっぱりタイプじゃなかったし、
なんだかとんちんかんな、趣味でもないハイブランドのアクセサリーやバッグやらをプレゼントしてくれちゃったりして、
「わたしこれ全然欲しくないなー。お金にもの言わせてんなー。さむ〜」って感じで、「はい、今後も愛せそうにない。」と思ったわけです。
それからは1分1秒一緒にいるのも、「時間もったいない。やっぱり無理。」と思いました。
お付き合いするのも難しいのに、愛してない人と毎日多くの時間を過ごし、心のいちばん近いところで寄り添い、夜を共にし、生涯支え合う約束をする「結婚生活」とかあり得なくないですか???
本当に1日でも嫌だよ。
稼いでる人は生活を豊かにしてくれるし、豊かにしてくれたら尊敬の念を抱いて、そのうち愛が芽生えるかも知れない…?
ないない(笑)
芽生えたとしても、執着かな。
その人を愛するようになったというよりかは、その人の周りにあるお金や権力への執着。
それは「金の切れ目が縁の切れ目」となった時に分かりやすくあらわれます。
その時そこに愛がなかったことがわかるよね。

1億稼ぐ人なら尊敬できる??


その人の稼ぎ方は美しいかな。
その人の周りにいる人はあたたかいかな。
その人はストレスにまみれていないかな。
時間に追われていないかな。
女性関係に心配はいらないかな。
大きなお金を持つ人はそれだけ、生活だって環境だって他の人とは大きく違いますよね。
あなたはそれについて行けるかしら。
大きなお金を持ってピリピリとしてる人、どよーんと大きな闇抱えてる人、わたしたくさん見てるよ。稼いでる=素晴らしい人、な単純計算が成り立たないのは断言できる。

愛はそのうちなくなる?


「でも愛しているという気持ちって最初のほうだけで、貧乏で余裕がなかったら相手を敬えず、愛する気持ちもなくなって行くのではないでしょうか…!」
言いたいことはわかるよ、わかる。
でも、そもそもその前提の「愛」が安っぽすぎるわ。
10代の、性欲なんだか好きなんだか分からない「愛」じゃないんだからさ。そんなすぐ冷める愛は愛じゃないから。
結婚するって、どんな人もそれなりの覚悟をもってするものだよね。
生涯この人と、楽しく幸せに生きていこうって、希望するわけじゃない。
そうしたらね、わたしだったらその人と貧乏でも楽しく幸せに生きていける道を開拓するよね。
それに年収って上げられるものじゃない、奥さんならその手伝いするよね。
スキルをつけさせたり、出世への道を指南したり。
実際そうしてるアゲ女家庭というのはよくあって、
旦那さんがお金への興味や出世への意欲もない人だと、
奥さんがうま〜く転職させたり資格を取れるように誘導していたりしてるよね。
結婚する!と決めた男性って責任感が強くなるから、結構頑張ってくれる人多いもの。

結局なにがこわいって欲深さ。


ここまで書いても、「それって理想論じゃない?現実はさ…」って思う?わたしはそれが恐いんだよね。
わたしも東京のど真ん中で暮らしてる者だけど、この街を歩いていると『わたしはあれもこれも持っていない者だ』と常に思わせてくるなと感じるんだよね。
逆を言えばこれを持ちなさい、それを買いなさい、あなたにはこれが足りないって ずーっと言ってくる感じ。
本当は私って必要なものもいま欲しいものも、もう持っていて満ち足りてるはずなのに、街を歩くだけで「もしかしてあれもこれも足りない?」とか思わせてくる大都会is東京。
もうやんなっちゃう。
いまは街に限らずSNSで、自分の持っているものと人の持っているものを比べる日々。
それがマウント合戦となり、消耗している女の子の多いこと多いこと。
だから欲深いってこわいよね。
心の貧困だよ、欲深さは。
心が貧しくならずに、お金が欲しかったら「基本のキ」としてまずは自分稼ぐことですよね。
お金って確かに素晴らしいツールです。
お金があることで満たされるものは沢山あるし、人生を豊かにしてくれる。
でもわたしはそのお金を稼ぐ時間こそ、自分を満たし、人生を豊かにしてくれるツールが詰まっていると思ってる。
だから何をして稼ぐかも、すごく大事。心のために。
ただポンともらったお金を使うだけで、わたしは満たされないかな。
いま宝くじで10億もらってもわたしは今と同じ生活を続ける。
働くのが楽しいし、誰かから感謝されて意味のあるお金をもらうことってすごく幸せ。
それは私にとって自己実現だし、承認欲求も満たされまくる。
お金の価値を存分に見出して、心を豊かにするのなら、まずお金を稼ぐ時間で満たされること、そしてそのお金を大切に使うことだと思います。

愛の世界で生きていれば何を失っても大丈夫


だから1億稼ぐ男にポンと乗っかろうなんて発想は微塵(みじん)も思わないかな。
パートナーが汗水流して、大変な思いをして稼いだお金を、
自分の欲深さで取り込んでしまったら多分そのお金に感謝しない女になるし、傲慢(ごうまん)になる姿が目に浮かぶ…(笑)
わたしの友達は、着物が大好きで東京でさまざまなイベントを自ら企画するような、クリエイティブで華やかな女性だったけど、
愛する人ができて、その人の夢でもある「田舎で自給自足の生活をする」という夢に乗っかって、超!ど田舎に移り住んで、
古民家を2人で改造して、子どももできて、いまは自分たちの畑の野菜を全国に卸したり、手づくりの雑貨を作ったり売ったりして、
それはまた楽しそうに生きているのね。
そう思うと、人って愛する人の存在で自分もまるごと変わったり、異なる価値観を受け入れたり、自分のなかで順応させたりするんだなあと、
キラキラしてる友人をみて感じました。
欲深い世界で生きていると、お金ですべてを買えるんじゃないかとか、お金さえあったら幸せなんじゃないかって思うかも知れないけど、
愛の世界で生きてると愛があれば生きていけるな、なにを失っても大丈夫。なぜなら満ち足りてるから。
ってシンプルな思考になるよね。
だから心の余裕が生まれる。
マウントもしないし、あれも欲しいこれも欲しいと欲が心を占めないからイライラしないし、嫉妬もしないし、人を受け入れ自分を受け入れられるようになるよ。
わたしは愛に生きる女なので、1億円稼ぐ男と愛のない結婚をしたって、ものの数ヶ月もすれば、愛を求めて愛している男の胸に、すべてを捨てて飛び込んでいくのが想像できる。(笑)
だって知ってる?かの有名な夫人も、1番長く一緒に居た男性は、お金も何も持っていない若い男性を、あれよこれよと育て上げて立派なジェントルマンにした人なんだから。
そこには愛があったからに、他ならないよね。
わたしはお金も大好きだけど、愛かお金かって言ったら迷わず「愛」って言えるような、くすんでない女でいたいな。ただそれだけ。
(エマちゃん/ライター)