【AFP=時事】南アジア地域では雨期(モンスーン)の豪雨による被害が拡大しており、インド、ネパール、バングラデシュ、パキスタンの4か国で大規模な洪水や落雷により計650人以上が死亡した。当局が22日、明らかにした。被災者数の総計は1000万人を超え、数万人が自宅からの避難を余儀なくされている。

 インドでは、7月初めから続く豪雨により少なくとも467人が死亡。ウッタルプラデシュ(Uttar Pradesh)、ビハール(Bihar)、アッサム(Assam)の各州では、多くの地域が洪水により隔絶された。

 同国南部の沿岸地域にあるケララ(Kerala)州での見通しは厳しく、当局は22日、同州各地で「極めて激しい降雨」がある恐れがあると警告。同じく沿岸部に位置するカルナタカ(Karnataka)、西ベンガル(West Bengal)の2州とヒマラヤ地方のシッキム(Sikkim)州でも豪雨が予想されている。

 隣国のネパールでは、90人が死亡し、29人が行方不明となっているが、今後は大きな被害は出ない見通し。洪水が頻発するバングラデシュでも、豪雨による水死や落雷被害などが相次ぎ97人以上が死亡し、国土の3分の1が冠水した。さらにパキスタンでも少なくとも30人が死亡した。

【翻訳編集】AFPBB News