【AFP=時事】北朝鮮で21日、地方選が行われ、金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong-Un)朝鮮労働党委員長も咸鏡北道(North Hamgyong Province)の投票所を訪れて一票を投じた。全国の投票率は99.98%で、2015年の前回選挙から0.01ポイント向上した。

 国営の朝鮮中央通信(KCNA)は21日、投票に参加しなかったのは「海外旅行者か、海上労働者」のみだと報じた。高齢や病気のため投票所に行くのが難しい人も「移動投票箱に一票を投じた」という。

 道、市(区域)、郡の人民会議の代議員を選出する北朝鮮の地方選は、4年に一度行われる。朝鮮労働党の事実上の独裁体制下で、有権者の99%が投票所に足を運び、このうち99%は対立候補不在の与党候補に信任票を投じるのが通例。

 

 北朝鮮当局は、投票率の高さを国民の「一心団結」を示す好例だと喧伝(けんでん)し、「朝鮮式の人民中心の社会主義」を賛美している。

【翻訳編集】AFPBB News