7月20日、雨上がり決死隊・宮迫博之とロンドンブーツ1号2号・田村亮の記者会見で急展開を見せた「闇営業」問題。

【写真】この記事の写真をすべて見る

 席上、宮迫は「謝罪会見を希望したが止められた」ことを明かし、所属の吉本興業から「圧力」があったことを主張。これを受け、ダウンタウンの松本人志は、21日の「ワイドナショー」(フジテレビ系)で吉本への不信感を露わにし、波紋を呼んでいる。


緊急会見を開いた宮迫(左)と田村亮 ©文藝春秋

 事態は吉本興業vs.芸人という図式となりつつあるが、そもそもこの問題の発端となった芸人と反社会勢力との関係については、いまだ語られていない部分が多い。問題の本質は一体どこにあるのか?

『襲撃 中田カウスの1000日戦争』(朝日新聞出版)の著書もあり、闇社会に詳しいノンフィクションライターの西岡研介氏に、芸人と反社との関係について話を聞いた。

 ◆ ◆ ◆

芸事と反社との関係はどう変わっていったか

 そもそも芸事と反社との関係は根深いものがあります。江戸時代のころから、「興行」を打つにはヤクザへの挨拶がつきものでした。それは、朝ドラ「わろてんか」のモデルとなった吉本せい氏を主宰者として、1932年に「吉本興業合名会社」を発足してからも変わらなかった。ヤクザのテリトリーで興行を打つ際には必ず、彼らのところに挨拶に出向き、「所場代(ショバダイ)」と呼ばれた“営業権料”を差し出す、という習慣が定着していました。

 しかしその後、世の中は変わっていきます。1964年に始まった「暴力団」壊滅を目指す一斉摘発「第一次頂上作戦」をきっかけに、ヤクザと芸能との関係にメスが入ります。そして1992年には暴力団対策法(暴対法)が大きなヤマとなり、さらに2011年に暴力団排除条例(暴排条例)ができたことにより、芸人が反社との関係を続けることはますます厳しくなりました。

 2009年に大崎洋・現会長が社長に就任し、岡本昭彦・現社長が支える「大崎―岡本体制」になってからは、「ここで反社との関係を断ち切らんと会社は持たん」という考えで、かなり締め付けを厳しくしました。

 そこに噴出したのが2011年の「島田紳助問題」です。暴力団関係者との交際が明るみに出て会見を開き、「自分の中ではセーフと思っていたが、芸能界のルールとしてはアウトだった」という言葉を残して引退したあの問題です。

紳助氏との問題と今回の問題はまったく別もの

 でも私は、紳助氏の問題と今回の宮迫・田村亮の問題は、まったく別ものだと感じています。何が違うのか。紳助氏は、相手がヤクザであっても食事などの付き合いはOKで、犯罪行為に関与していなければセーフだと思っていた。ただそれが世間のルールではアウトだと分かったら、即引退を決めました。もちろん紳助氏を擁護するわけではないですけど、その点にウソはなく、抵抗もせず、潔かった。一方の宮迫は当初、「ギャラは受け取っていない」とウソをついた。実際は宮迫は100万円、田村亮は50万円受け取っていたのに隠していた。そこはかなり大きな違いだと思います。

 また、宮迫と田村は、相手が反社であるとは気づかなかったと主張しています。一方の紳助氏はヤクザと知りながら付き合っていました。ここも大きな違いですね。

 良い悪いは別として、昔の芸人は反社との付き合い方が分かっていました。肌感覚で、ここまでは付き合っていい、ここからはダメというのが分かっていたんです。紳助氏は明るみに出て引退に追い込まれましたが、当時の多くの芸人たちは付き合い方が分かっていた。だから、どこの馬の骨ともわからない有象無象のチンピラとは付き合わなかったんです。

芸人の“素人化”とそのひずみ

 最近思うのは、芸人の変質です。芸人が“素人化”していると言ってもいい。以前の芸人はもっとしたたかで、肌感覚でことの良し悪しがわかっていました。「反社の連中をあしらえないようでは芸人ではない。できないんだったらいらんとこに近寄るな」という考え方ですね。大崎―岡本体制の締め付けがきつくなったことにより、耐性がないまま有名になり、そのひずみが出てしまったとしたら皮肉なことですが……。

 この問題の落とし所はどうすればいいのか。私が考えることではないですが、コンプライアンスの強化だけで解決する問題ではないでしょうね。芸人や吉本にモラルを求めてどうすんねん、と思います。ただ一つ言えるのは、吉本は今も昔も「興行師」なわけですから、時代の空気、世間の空気を読み間違えてはいけない、ということです。その意味では、宮迫・田村亮も、岡本社長も空気を読めていなかった。宮迫は何でもバレるこの時代に、ウソをついた。一方、岡本社長が宮迫・田村にやったことは、今の時代からすれば明らかに「パワハラ」です。どちらも世間の空気が読めてなかった。結局、読めていたのは松本人志だけだったという。

「あらゆる局面で、ヤクザと接してはいかん!」

 最後に、ひとつエピソードを紹介します。三代目山口組組長で、美空ひばりや田端義夫、村田英雄、坂本九ら錚々たるスターの興行権を握っていた「神戸芸能社」の社長でもあった田岡一雄氏が1981年に亡くなったときの話です。当時の吉本興行会長だった林正之助と、芸人・中田カウスとのやりとりは、良くも悪くも吉本と反社との関係を表していると思います。

 ◆ ◆ ◆

 吉本興業会長となった正之助がある日、カウスら主だった所属芸人を集め、険しい表情でこう言い渡した。

「ええか、今日の今、この時をもって、ヤクザとは一切関わってはならん! メシや酒の席はもちろんのこと、電話でしゃべっても、目を合わせてもいかん。考えられるあらゆる局面で、ヤクザと接してはいかん!」

 突然の正之助の発言とその剣幕に、その場にいた芸人は言葉も出なかったという。が、それからしばらく後に、大阪の夕刊紙各紙の一面に〈田岡組長、死去〉の報が大見出しで掲載された。それを見たカウスは、その中の一紙を持って会長室に出向き、正之助にこう尋ねたという。

「会長、この前の『ヤクザと一切関わってはならん』というお話ですが……」

「うん、カウス君、キミもちゃんと守ってくれてるやろな」と正之助。

 そこでカウスは、その夕刊紙にデカデカと掲載された田岡組長の葬儀の写真を指して、さらにこう尋ねた。

「誠に申しあげにくい話なんですが、ここに写っておられるのは、会長ではございませんでしょうか……」

 しかし正之助は、その写真を一瞥して、こう言い放ったという。

「カウス君、キミは僕が双子やいうの知らんかったんか? これは僕やのうて、弟のほうですよ。ホンマ、しゃーないやっちゃな……」

(『吉本興業百五年史』収録「興業とアンダーグラウンド」より 著・西岡研介)

(「文春オンライン」編集部)