長い梅雨で、どうしてもメンタルが沈みがちな今年。間もなく暑い夏もやってきます。ゆらぎがちなマインドや、ハードな日常で積もったストレスや緊張は、きちんとケアしてあげたいもの。そんなときのご褒美は「いつものヘッドスパにプラスワン」してみませんか?

ストレスを軽くする、炎症による痛みを和らげる、夜よく眠れるようになるなど、多くの効能があると考えられているCBDオイルを配合したマッサージオイルを使った日本初の「マインドフルネスヘッドスパ」をkakimoto armsで発見。さっそく体験してみました。

いざ、ヘッドスパ体験

取材当日は霧雨が舞い、取材へ向かう前にうっすら片頭痛を感じ始めていました。「これはひどくなるかなぁ」と思いながらも、鎮痛薬を飲む時間もなく、そのままお店へ。

まずはヘッドスパ専任のセラピストさんから説明を受けます。今回使用されるオイルは、CBDを300mg含有した食用オイルエッセンス、エリクシノールの「カモミールレモンドロップス300」。フレーバーは好みで選べます。私はMYLOHASの取材でCBDオイルについては知識がありましたが、CBDオイルを知らない人にもよくわかるように、どんなオイルなのか、どのように使うのかを教えてくれます。

ちなみに、 CBDオイルを配合したマッサージオイルは、デコルテや首、肩のマッサージに使用。頭皮マッサージには、頭皮の状態に合わせて頭皮用オイルをチョイスします。

頭皮や毛髪、健康状態について記入したチェックシートを見ながら、今日の私に合ったオイルや香りをチョイスしていきます。専用ブースへ移動し、ヘッドスパがスタート。デコルテのマッサージから始まりますが、マッサージオイルのいい香りで、CBDオイルの青っぽい匂いはまったく気になりません。

そして、ラベンダー&スイートオレンジの香りの頭皮用オイルを使い頭皮マッサージへ。リズミカルに、頭皮の毛穴に詰まった皮脂を取り除くようなタッチでマッサージしていきます。

その後、シャンプー、トリートメント、ブローをして、トータル2時間ほどの施術は完了。そう、実はこの「マインドフルネスヘッドスパ」、受けているときに関して言うと、通常のヘッドスパと特に大きな違いはないのです。

とはいえ、ヘッドスパブースから出るときには、顔全体のリフトアップが鏡を見ずともハッキリわかり、セラピストさんとともに驚愕。疲れと片頭痛で沈んでいた目がぱっちり開き、視界が2割増しになった気分。ヘッドスパの威力を思い知りました。

マインドフルネスヘッドスパのすごさを実感

image via Shutterstock

さて、「マインドフルネスヘッドスパ」のすごさに感動したのは、このあとです。まず、サロンから自宅にもどる途中に、「あれ、頭痛くない……」と気づいたのです。

普段は頭痛がはじまると、鎮痛剤を飲むかしっかり眠らない限りは、頭痛が消えない私。「マッサージのおかげかな、CBDかな、どっちだろう」と思いながらも、頭痛がなくなり穏やかな気持ちで帰宅。このころから、なんとなくスイッチが切れているような感覚に。

読みかけの本を持ってベッドへ行く頃には、心地よい眠気が。と、思ったのもつかの間、ものすごく強い力で引っ張られるように、眠りに落ちてしまったのです。いつもはベッドについて最低30分くらいは、本を読んだりスマホを見たり(本当はダメなんですが)しないと眠気が訪れないタイプ。このときの睡眠への引力はまるで、10年前、締め切り前に徹夜して30時間起き続けていたときと同じような感覚(笑)。

特別疲れていたわけでもなく、普段からCBDオイルを服用することもあるだけに、ここまでわかりやすい効果が現れたのには自分でもびっくりしてしまいました。CBDオイルとマッサージというのが、ここまで私にとって相性のよいものだったとは。

髪の根本を育てる頭皮マッサージ

ちなみに、少し話は戻りますが、セラピストさんが何度も話されていたのが、「毛髪のトリートメントも大切ですが、髪の根本を育てる頭皮のケアは何より大切」「1年後、5年後、10年後の美しさのために、定期的にオイルで頭皮マッサージしてあげるのがオススメ」ということ。

CBDを使ったマッサージは、マインドフルのためのスペシャルですが、通常の頭皮マッサージも、美しい髪や、顔のリフトアップのために続けていこうと思いました。そして、CBDオイルへの期待値がまた高まった貴重な経験となりました。

マインドフルネスヘッドスパ

  • 期間:2019年7月1日(月)〜2019年9月30日(月)
  • 実施店舗:kakimoto arms 銀座店・銀座二丁目店・新宿店の3店舗
  • 所要時間:約1時間30分

CBDオイルをもっと知りたい

眠れない夜の救世主となるか!? アメリカで人気のCBDオイル

WHOが評価する「CBDオイル」とは? 日本の専門家に聞いた、効果的な使い方

[kakimoto arms]