お笑いコンビ・キングコングの梶原雄太が、カジサックを名乗り開設したYouTubeチャンネルの登録者が100万人を突破し、話題となっている。カジサックは2018年10月にYouTubeチャンネルを開設し、2019年末までにチャンネル登録者数が100万人に達しない場合は、芸人を引退すると発表していた。

 不仲と言われてきた同期芸人である、南海キャンディーズの山里亮太をゲストに招くなど、注目度の高い動画を多くアップロードし、順調に登録者数を伸ばし、2019年7月11日に、約6か月を残して100万人を達成した。

 この成功に関して、芸人YouTuberに挑戦する人間も増えそうだ。テレビ以外の場所で食い扶持を稼いでいくのは重要であろう。これまで注目されてきたヒロシのキャンプ動画や、ゴー☆ジャスのゲーム中継などに加え、新たな挑戦者も出現しそうだ。

 とはいえ、誰もが成功できるわけでもないのも確かであろう。謎かけでブレークしたあの芸人YouTuberは鳴かず飛ばずのままである。

 「元Wコロンのねづっちですね。『ととのいました』の謎かけでブレークを果たしますが、2015年にコンビを解散してしまいます。これは今話題の『不仲』に原因があると言われていますね。ねづっちの謎かけばかりが注目されるも、相方の木曽さんちゅうも芸歴があり、『じゃない方』として扱われる自身の待遇に不満を持ったようです。芸人仲間のナイツの塙宣之が、『Wコロンは仲悪い』ネタで売り出そうとするも、さらに関係は悪化し解散してしまいます」(芸能関係者)

 Wコロン解散前から、ねづっちは次を見越してYouTubeで「なぞかけ動画」を配信し始める「ねづっちチャンネル」を開設。登録日は2014年とかなり早いが、現在の登録者は1万人に届かない。さらに、間に制作会社を噛ませているため、900本の動画をアップロードするも、自身の取り分は1本2円で1800円しかなかったという。

 YouTuber芸人が注目される今だからこそ、ねづっちも再起のチャンスかもしれない。