忙しさのあまり1日の活動量が減ってしまうと体型キープはなかなか難しくなるもの。特に座りっぱなし、立ちっぱなしといった状態が続いていると骨盤周りが硬くなってしまい、より下半身に脂肪を溜め込みやすい悪循環に陥ってしまいます。そこで習慣に取り入れたいのが、骨盤を正しい位置に整えてくれるヨガの簡単ポーズ【カポタアーサナ】です。早速やり方をチェックしてみましょう。

▶︎脚痩せ&くびれ作りを一挙に。痩せやすい体を作りながら【細見え下半身】に導く簡単習慣

 

【カポタアーサナ】

“鳩のポーズ”とも言われるこのポーズは骨盤を正しい位置に整えてくれるので、下半身のラインのキープや代謝の低下の予防に役立ちます。また、肩甲骨周りをほぐす効果もあるので、上半身のスタイルアップや二の腕の引き締めにも効果を期待できます。

(1)片脚をカラダの前に、もう片脚をカラダの後方にして座る
(2)後方の脚のつま先を腕に引っ掛ける
(3)(2)の状態をキープし、もう片方の腕で胸を突き出すようなイメージで、つま先を引っかけている腕をつかむ
(4)(3)の姿勢を腹式呼吸をしながら3呼吸キープする

 

左右、それぞれ行います。なお、期待する効果をきちんと得るためにも、下写真のように「キープ時に視線が下を向いて背中が丸まっている状態」になるのはNGです。キープ時は「胸がスッキリ開いた状態」になるよう心がけてください。

また、もし足を肘に掛けるポージングそのものができない場合は(2)を省略して、下写真のように「脚を下ろして上半身のみ胸を開くポーズ」でOKです。

【カポタアーサナ】を実践することで下半身や上半身の引き締めに効果を期待できるのはもちろん、腹筋全体の強化も自然と叶うので痩せやすい体質へと変化していきます。リラックス効果も高いので、ぜひ就寝前などのくつろぎ時間の習慣にしてみてくださいね。<photo:Akihiro Itagaki ヨガ監修:TOMOMI(インストラクター歴3年)>