まとめ買いや食材の使いきりなど、食事づくりでできる節約テクはたくさんありますが、調理コストや食材費を下げると、さらに効果はアップします。
月の食費を2万円以内に抑えている節約上手のなちこさんは、調理を効率的し水道光熱費の節約にも成功。日々実践している内容をうかがってきました。

【調理コスト編】調理の工夫次第で水道光熱費が抑えられるちょっとしたコツ

●揚げ物は小さいフライパンと少ない油で


少ない油で揚げ焼きに!「揚げ焼きにすれば、少ない油ですみ、油が熱くなるのも早いので節約に。食材が十分に油に漬かるように、口径の小さいフライパンを使っています」
お弁当用など、揚げるものが少ないときは、さらに油の量を少なくし、適度に転がしながら揚げ焼きに。

●揚げ油は数回使い回す


揚げ油は使い終わったあとにこして、2〜3回は再利用。
「フライ衣で油が汚れてしまったり、魚料理でにおいがついたときなどは、無理に使い回さず臨機応変にしています」


使い終わった油はオイルポットに入れ、冷めたら傷まないように冷蔵庫で保存。目につくところに置いて、早めに使いきります。

●炊飯器を使わないときはコンセントを抜く


保温時やタイマーなどの電力消費が大きい炊飯器。
「保温機能は使わず、炊飯時のみ使用。使わないときはコンセントを抜いて待機電力をカットします」

●手が汚れる作業はビニール手袋使用で洗う手間を省く


ひき肉を練るときの、ベタつきや脂汚れはストレスのもと。
「作業のたびに手を洗っていると、蛇口回りも汚れるし水道代もムダ。100円ショップのビニール手袋を活用しています」

【食材コスト編】かさ増し、取り分けなど、食材のコストをカット!

「ご飯づくりのなかでもいちばんコストがかかるのは主菜」というなちこさん。かさ増しテクや、同じ食材や味つけが連続しないローテーションの工夫で、余計な食材費がかからないようにしています。

●冷蔵庫にある食材だけで献立を考える


なちこさんは、お買い得品を買ったあとに数日分の大まかな献立を考えています。
「予定が変わることもありますが、買い物後に冷蔵庫の中身だけでメニューを考えることで食材を使いきることができるんです」

●主菜は少ない肉でかさ増しを意識する


「1回に使う肉は2人分で100gと少なめ。その分、野菜や乾物でかさ増ししたり、食感に変化をつけて満足感を高めています」
たまにはチキンソテーなど、食べごたえのあるメニューの日を設け、メリハリをつけて気分を上げているそう。

●ネギやニンジンの根は捨てずに水耕栽培して料理に活用


「料理の彩りとして、アクセントになる野菜が欲しいときのために、ネギやニンジンで水耕栽培。わざわざ買わなくてすみます」
ニンジンの葉は、ハーブのように和洋両方の料理で活用できます。

●夕食のおかずからお弁当用を取り分け、すぐ冷凍


夕食のおかずを取り分けたら、すぐ冷凍。
「翌日のお弁当には使わず、別の日に冷凍したおかずを加熱して入れます。こうすると、夕飯で食べたものをすぐお昼に食べる、という連続を解消でき、お弁当用の食材費もカットできます」

<撮影/山田耕司 取材・文/ESSE編集部>

●教えてくれた人
【なちこさん】

夫と2人暮らし。結婚を機にフルタイムの仕事から、パートタイムに切り替え、節約を意識するように。1か月の食費2万円以内を目標に、日々の食事をインスタグラムで紹介