シャチが仲直りのため、相手のシャチの舌を優しく甘噛みするという研究結果が発表された。

スペインのアルムニア博士のグループが、テネリフェ島のロロ公園にいるシャチの生態について調査を行った。6頭のシャチの生態をビデオに収めたところ、シャチは非常に静かな社会生活を送っていることが判明。攻撃的と思われる行動は、観察された時間の1%未満だったという。

さらにシャチの間で、対立は通常長続きせず、和解を目的とする友好的な行為は通常対立から3分以内に行われることもわかった。その友好的な行為の中には、シャチが相手のシャチの舌を優しく繊細に甘噛みする様子も初めてビデオに収められたとのこと。

ネットでは「なんてステキな生き物!」「シャチは本当にかしこい」「シャチが羨ましい……」「喧嘩して3分以内に友好的になるなんて人間よりよっぽどまともだ」といった声が上がっている。