ギャラは1人100万円以上? ロンブー・田村亮、ガリットチュウ・福島善成、レイザーラモンHG、ほかが参加

仕事終わりの宮迫を直撃。冷静に対応していたが、記者が証拠動画を見せると、途端に表情が凍りついた 

 本誌が入手した一本の動画。そこに映しだされているのは、マイクを片手に気持ちよさそうに歌う一人の男だ。

 マイクの男が、人気デュオ『くず』の代表曲『全てが僕の力になる!』をよく通る美声で歌い上げると、会場は割れんばかりの拍手に包まれた。美声の主は、『雨上がり決死隊』の宮迫博之(49)本人である。

 宮迫は愛想よく壇上から挨拶したが、これはお笑いライブでも、芸人仲間の飲み会でもない。かつて世間を騒がせた、大規模振り込め詐欺グループの忘年会なのだ――。

 この大規模振り込め詐欺グループは15年6月に摘発されたのだが、その約半年前、14年12月27日に都内のホテルで忘年会を開いていた。本誌が今回入手したのは、宴会の様子を映した動画と写真だ。

 忘年会に参加した、詐欺グループの元メンバーが語る。

「12月27日の宴会は、忘年会と大野春水(主犯格として15年に逮捕)の誕生日会をかねて開かれました。主だったメンバー50〜60人で、ホテルの宴会場を貸し切りにした。ゲストとして参加したのは、宮迫のほか、レイザーラモンHG(43)、ガリットチュウの福島善成(41)、ロンブーの田村亮(47)、カラテカの入江慎也(42)。それ以外にも、あまり売れてない芸人が2〜3人いました。会は19時ごろから2〜3時間開かれたんですが、芸人たちは会の後半にサプライズで登場しました」

 詐欺集団との仲介役となったのは、カラテカの入江だったという。

「入江とグループの幹部は忘年会の前から知り合いでした。そのよしみで入江に『芸人を忘年会に呼んでくれ』と頼み、ギャラも入江を通じて支払ったみたいです。芸人一人につき、100万円は払ったと思いますよ。

入江が俺たちのことを詐欺グループと知っていたか? 間違いなく知ってましたよ。幹部のなかには酒癖の悪い奴がいて、酔うと自分たちが詐欺で稼いでいることをベラベラしゃべっていましたから」

 芸人たちは振り込め詐欺グループだと知って忘年会に参加したのか。本誌は5月下旬、仕事終わりの宮迫を直撃した。

――これ、宮迫さんがその忘年会で歌っている姿なんですが。

「(動画を見ながら)これ俺か? 俺やな」

――振り込め詐欺グループの忘年会とは知らなかった?

「まったく知らないです……」

 本誌は参加した芸人の所属事務所である吉本興業にも詳細な質問書を送った。さらに、再三にわたり電話で問い合わせたものの、吉本側の対応は「無回答」だった。

 6月9日発売のFRIDAY最新号では、吉本芸人が詐欺グループの忘年会参加した際の写真を複数掲載、宮迫への直撃取材の様子を詳しく報じている。またFRIDAYデジタルGOLDでは、忘年会の「闇営業」動画を公開している。

PHOTO:等々力純生

詳細の書かれた本誌記事は コチラ