「クリニックを訪れる40代、50代の女性は、ほぼ全員といっていいほどキメが荒れていて、肝斑なのか、くすみなのか、シミなのか……茶色の濃淡に赤みが合わさったような肌色で、ブルドッグのように皮膚が伸びてたるんでしまっている人が大勢。こじらせまくった、という感じです」

そう話すのは、あいこ皮フ科クリニック院長の柴亜伊子先生。美容情報があふれている昨今、マッサージや美顔器のしすぎが逆効果、というのも一理あるようだが……。

「なにより問題なのは、毎日の食事。肌をつくるタンパク質、特に動物性タンパク質である肉・魚・卵を食べずに、お菓子やパン、パスタの糖質ばかりという人が目立ちます。栄養状態が悪いため、皮膚がスカスカというか、フニャンフニャンというか。まったくもってハリがありません。10年前と比べると一見みなさん若い雰囲気ですが、肌年齢自体は老けている、という印象です」

また、40代の肌というのは、20代のころと比べると、単純に倍の年月の紫外線を浴びてきている。

「そのぶん、光老化が進んでいることになります。紫外線の害はある程度、体内の鉄分が防いでくれますが、やはりこれも食事から摂取できていない人が非常に多い。そればかりか、20〜30年分の月経による鉄分の流出があるため、どんどん紫外線に負けやすくなっています。さらに、鉄分がないとコラーゲンをつくることができないため、ますますシワやたるみがひどくなって――まさに悪循環といえます」

では具体的に、どんな食生活をめざせばよいのか。

「ズバリ、美肌に必要なタンパク質や鉄分を含んだ『牛肉の赤身!』と言いたいところですが……日ごろ食べ慣れていない人は、体内で消化液がつくれないことも考えられます。いきなりステーキを食べるには、胃もたれなどの不調を招きがちなので、あまりおすすめできません。量も本来、食べられるならいくらでも食べていいのですが、最初は100グラムを超えないように、1回50〜80グラムくらいから始めてみるのがいいでしょう。それも難しいときは、ひと口でもふた口でもかまいません。おいしいと思える程度にとどめましょう」

だからといって、肉に偏った食生活もまた問題。

「魚や野菜をまったく食べずに肉ばかり、というときに健康診断などで引っかかると(特にコレステロールや尿酸値、中性脂肪)、すべて肉のせいにされてしまい、医者からは『食べ控えるように』と言われることがあります。でも、これは肉が悪いのではなく、魚も野菜も食べないことが悪いわけで、最悪の場合、同じ食べ物ばかりをとり続けると、アレルギーを引き起こすことさえあって危険です」

美肌のためには魚や野菜も食べたうえで、赤身肉の摂取量を増やすのが肝といえる。

「子育てが済んだ40代、50代の女性は、朝は菓子パン、昼はお菓子、夜は家族の食事を作りながらつまみ食いをしてお酒を飲んで終わり、という人も少なくありません。自分1人のために作るのが面倒、というのもわかりますが、年齢とともに耐糖能(血糖値を正常値まで下げる力)も衰えているため、やせていても糖尿病やその予備群、脂肪肝が隠れている人も多いです。体、そして肌の不調をすべて更年期障害や年齢のせいにされてしまいがちですが、じつはそのほとんどが、糖質のとりすぎと栄養不足によるものだと心得てください」

お菓子を食事にカウントするのはやめる。そのうえで、

【1】赤身肉の量を徐々に増やす
【2】肉ばかりでなく魚も食べる
【3】緑黄色野菜を積極的にとる

これらのことを意識してみよう。

「手の込んだものでなくていいので、どうか自分のために自炊をしてください。野菜を肉や魚と一緒に炒めるだけ、焼くだけ。その際、淡色野菜(キャベツ、レタス、きゅうりなど)だけでなく、栄養豊富な緑色の濃い野菜も加えてみましょう。また、消化・吸収のうえで“やわらかくする”というのはとても有効。肉と野菜を煮込んでスープにするのもおすすめです」

肌トラブルの多くはスキンケア以前の問題。食生活を見直し、くすみのない弾力肌を取り戻そう。